編集者コラム

2017.11.24

「自己肯定感」を育てる方法


 


 昨年秋にヒットしたTBSのドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。

 新垣結衣さん演じる主人公「森山みくり」が劇中で何度も口にしたことで、
 「自己肯定感」というワードが一般にもかなり広がりました。

 9月に刊行した『できたこと手帳』の著者で、「人の行動を変える」プロの
 永谷研一さんは次のように話します。

 「私自身は、ビジネスパーソンの『目標設定』と『その後どうだったか』と
 いう点について、計10年以上も実際のデータを分析・検証してきましたが、
 さまざまなデータや科学論文等を見てわかるのは、仕事で伸びていく人や、
 常に目標達成する人、日々の生活に充実感を感じている人は、自分に対する
 イメージ(専門的には『セルフイメージ』と呼びます)がよく自己肯定感が
 高いということです」

 そして、このように続けます。

 「自己肯定感を育てるというのは、とても難しいことのように思えますが、
 そうではありません。毎日の生活の中で、小さな「できたこと」を見つけて
 いくことで、自分が持っている『セルフイメージ』は良くなります」

 永谷さんの『できたこと手帳』は、その「日常の中の小さなできたこと」を
 見つけるためのツールです。

 1日の終わりに、その日を思い出して「できたこと」を書きます。
 「デスクの上を片づけた」「1週間で本を読み終えた」「エスカレーターを
 使わず階段を使う生活を1週間続けられた」など、ちょっとしたことでよく
 書けない日があっても構いません。

 そして1週間の終わりに、その週の「できたこと」を見直して、そのうちで
 ひとつ「ベストできたこと」を選んで、それについて少し深く考えていくと
 いうことをしていきます。

 「昨日より今日、ちょっとよくなる」というコンセプトで、日々を楽しく、
 充実したものにするこの手帳、ぜひご活用ください!

 【できたこと手帳】  https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4295401102/cmpubliscojp-22/