編集者コラム

2017.10.18

そのPDCA、ホントに必要ですか?


 PDCAは日本のマネジメント上で、重要な仕組みとして定着しています。

 しかし、現状を見ると、たいして重要でないことに対しても、これらを徹底
 することで「仕事をしている」と勘違いしてしまっているマネジャーが多い
 というのが現実です。

 実際のところ、製造・開発部門などを除けば、日常的な仕事の中で、本当に
 重要なPDCAは限られる場合も多いのではないでしょうか。

 先月刊行の『超ホワイト仕事術』の著者であり、マネジメントのプロとして
 IBMで長く活躍してきた高野孝之さん次のように話します。

 「もちろん、PDCAは、有用なツールであることは間違いありません。
 ただ、あくまでもツールに過ぎないのであって、それ自体が『仕事の本質』
 だと勘違いをしてはいけません」

 仕事の目的とは、成果を出すことや、新しいイノベーションを起こすこと。
 そのためには、何が必要で、「時間」という重要なリソースをどこに使えば
 いいのかを考えることがマネジャーには求められます。
 そう考えると、PDCAが必ずしも万能な手段ではないということに気づく
 はずです。

 確かにPDCAは、効率性と正確性を高める重要なプロセスであり、仕事を
 よくすることには有効です。
 ただ、形式的になったりすることで形骸化してしまい、反対に時間をムダに
 している場合も多いのではないでしょうか。

 また、「PDCA用の資料」をつくる必要があるくらいの重要なテーマは、
 実はそんなに多くないものです。
 実際には、事前資料の作成に1日かかり、会議で半日を費やすということも
 あります。

 だからこそ、本当にそれだけの必要がある内容なのかどうか、マネジャーは
 目を光らすことが大切。
 効率化・生産性に結びつかないPDCAや会議等を惰性で行うのではなく、
 目的と成果を考えて常に見直し、廃止・統合・新設することを適時・適切に
 行うことがマネジャーに求められているのです。

 【超ホワイト仕事術】 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4295401226/cmpubliscojp-22/