編集者コラム

2017.09.06

コーヒーとビールは最強のパフォーマンス飲料だ…!

 

 おそらく多くの人が毎日のように口にしているコーヒーとビール。
 コーヒーはともかく、ビールは「太る」「健康によくない」などの悪いイメー
 ジを持たれている人が多いのではないでしょうか?

 しかし、この2つには「ハイパフォーマー飲料」としての知られざるパワーが
 秘められています。

 その効果をひとことでお伝えすると……
 コーヒーは交感神経を高めやる気を引き出し、ビールは副交感神経を高めリラッ
 クス状態をつくります。
 つまり、コーヒーとビールで「自律神経を整えパフォーマンスを最大化する」
 ことができるのです!

 もちろん、ただ漫然と飲むだけではそこまでの効果は期待できません。タイミ
 ングや量、アレンジの仕方などには、少しの知識とコツが必要です。

 新刊『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』では、「いつものコー
 ヒー&ビールを最強のハイパフォーマンス飲料に変える方法」をわかりやすく
 解説しています。

 著者の馬渕先生は内科・皮膚科学、アンチエイジング医療、分子整合栄養学を
 専門としながら、栄養学や食文化にも精通しているドクター。医学的視点から
 語られる、コーヒーとビール、そして体の話は、本当に興味深いものばかり。
 これを読めば、いつもの一杯がより美味しく味わい深くなるはずです。

 大好きなコーヒーとビールをおいしく飲んでいるだけで、体調も仕事も絶好調!
 コーヒー好き・ビール好きの皆さん、ぜひ本書でそんな毎日を手に入れてください。
 
 【朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる】
 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4295401072/cmpubliscojp-22/