マネジメントの本

勝ち続ける会社の目標達成の仕組み

勝ち続ける会社の目標達成の仕組み
カバー画像表示
著者:
林大吾
定価:
本体1480円(税別)
発行日:
2017/2/1
ISBN:
9784295400479
ページ数:
263ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

9割の経営者が悩む7つの課題が一気に片づく

著者紹介
林大吾(はやし・だいご)
アクシード(株)代表取締役。早稲田大学商学部卒業。早稲田大学ラグビー部出身。三菱商事でトレーディング及び海外プロジェクトに従事した後、シカゴ大学経営大学院でMBA(経営学修士)取得。現在は、数社の代表を兼任しながら、大手中小問わず、企業理念作りから、ブランド戦略、商品開発、営業指導、目標管理、組織構築、海外展開支援まで幅広くサポート。総合商社時代には「1日30時間、1週間10日働く」姿勢で、14年間にわたりトップ営業マンとして活躍。“モーレツ・熱血”指導で多くの企業のビジネスをコンサルティングしている。著書に『勝ち続けるためのブランド戦略』(クロスメディア・パブリッシング)がある。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

プロローグ

第1章 停滞する中小企業がかかえ構造的問題
    20世紀型中小企業と21世紀型中小企業の違い
    20世紀型中小企業がかかえる3つの問題
    複数の問題は「同時並行」で解決する

第2章 中小企業を改革する21世紀型目標管理システム
    7つの重要な経営要素を一体運用する
    いかにシンプルなシステムを作るか、そして、そのための遠回り
    一体運用を可能にする組織構造、「事業ユニット」とは?
    21世紀型目標管理システムの全体像
    作成するのは、3つのシートだけ

第3章 ストーリーで学ぶ21世紀型目標管理システムの導入
    新システム導入の流れ
    会社のビジョン作りからすべてが始まる
    社員の意識改革 フォロワーシップ組織の育成
    フラットな組織を作る
    目標達成への再重要項目「期初目標」
    組織の期初目標はどう作るのか
    リーダーに求められる3つの役割

第4章 ストーリーで学ぶ21世紀型目標管理システムの運用
    目標管理と人事評価を融合させる
    「年齢 × 社歴型」 + 「成果報酬型」の給与制度
    個人の期初目標はどう作るのか
    上司と部下の期初面談のあり方
    期初目標は納得いくまで検討・修正を重ねる
    鍵となる難易度・貢献度とは

第5章 目標をいかに達成に導くか
    確実に結果を出すためのECAサイクル
    目標を達成できない最大の理由
    目標達成までの道の作り方
    達成した目標に起こりがちな問題
    ECAサイクルにおける上司の役割

第6章 社員をいかに評価するか
    評価制度のあり方
    努力とチャレンジを評価することで組織は成長する
    2つの公式で決める評価の仕組み
    評価の公平性保持の難しさ

第7章 評価と給与・賞与をいかに連動するか
    もっともシンプルな賞与の決め方
    貢献度の高い社員のモチベーションを高く保つためには
    昇格制度はルールを決める

エピローグ

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う