社会・経済の本

熱狂の王 ドナルド・トランプ

熱狂の王 ドナルド・トランプ
カバー画像表示
著者:
マイケル・ダントニオ(著)/渡辺靖(解説)/高取芳彦・吉川南(訳)
定価:
本体1780円(税別)
発行日:
2016/10/1
ISBN:
9784844374985
ページ数:
382ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

いまアメリカが直面する、政治や経済、人種、貧困、格差のリアルな問題は、 そのまま「この男がのし上がれた理由」である!


本書は、ドナルド・トランプ本人や関係者への徹底的なインタビューと独自取材を元に、
ピュリッツァー賞授賞ジャーナリストのマイケル・ダントニオが3年をかけて書き上げ、
「ニューヨーク・タイムズ」ほか欧米メディアで絶賛された本格ノンフィクションです。


 


▼ 著名メディアによる書評


◎ ニューヨーク・タイムズ
「見事なまでに直截で公正な内容にもかかわらず、トランプの息の根を止める評伝だ」


◎ ワシントン・ポスト
「トランプが何者であるのか、小気味よく痛快に知ることができる一冊」


◎ USAトゥデイ
「彼の勝利への欲望、熱狂、飽くなきメディア戦略、ビジネスパーソンとしての横顔まで、
精緻かつフェアにまとめられている」


◎ フィナンシャル・タイムズ(英国)
「丁寧な取材、客観的な記述、絶妙のタイミング! 」


 


▼ なぜ大統領候補にまで上り詰められたのか


人種・労働問題や政策、外交から、メディア、ビジネス、セレブのゴシップまで、
常に物議を醸す発言で知られるドナルド・トランプ。
彼はどうしてそんな発言を続けながら、共和党大統領候補にまで上り詰めたのか?


その理由は、トランプがビジネスやメディアの世界でのし上がってきた過去にあります。


著者は「彼ほど、長きにわたり有名であり続けている財界人はほかにいない。
ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズ、ウォーレン・バフェットでさえもだ」と語っています。


 


▼ トランプを知ることは、つまり現代アメリカの問題を知ること


トランプは、その交渉術や財力はもちろん、人々のイメージや不安、恐怖、
メディアパワーなど、あらゆる要素、そしてアメリカの抱えるあらゆるグレーな部分を、
絶妙に利用しながら、良くも悪くも注目を集め続けてきました。


この本で、トランプの生きてきた道筋、ビジネス手腕や政治的な駆け引き、
メディア戦略をたどっていくこと――。
それはつまり、格差や貧困、ポピュリズム、いまだに残る人種差別、
抜け穴の多い補助金や破産制度と、抜け穴の利用を半ば是とする商習慣、
「アメリカンドリーム」と言いながら金持ち有利な各種制度など、
「現代のアメリカが抱える矛盾や不安、問題点」を知ることでもあるのです。


本書の解説には、アメリカ文化・政治に関するトップクラスの研究者であり、
『アフター・アメリカ』『アメリカン・デモクラシーの逆説』の著者としても知られる、
慶応義塾大学SFC教授の渡辺靖氏を迎え、特に共和党の伝統的立場や思惑など、
米国の政治史の大きな流れの面からも解説を加えていただきました。


トランプの地元紙である「ニューヨーク・タイムズ」のほか、各紙誌で絶賛された、
入魂のノンフィクション、ぜひお楽しみください。


著者紹介
マイケル・ダントニオ(著)/渡辺靖(解説)/高取芳彦・吉川南(訳)(まいける・だんとにお/わたなべやすし/たかとりよしひこ・よしかわみなみ)
[著者] マイケル・ダントニオ(Michael D'Antonio)
フリージャーナリスト、ライター。
プルトニウム汚染の脅威を追及した『アトミック・ハーベスト』(小学館)、
感染症の恐怖を描いた『蚊・ウイルスの運び屋』(共著、ヴィレッジブックス)をはじめ、
これまで10冊以上の本を上梓。
『Newsday』の記者時代にピュリッツアー賞を受賞。

[解説] 渡辺 靖
慶應義塾大学SFC教授。ハーバード大学大学院にてPh.D.(社会人類学)取得。
ハーバード大学国際問題研究所アソシエート、パリ政治学院客員教授、
アメリカ学会常務理事などを歴任。
著書に『アフター・アメリカ』(慶應義塾大学出版会/サントリー学芸賞受賞)など。

[翻訳] 高取芳彦
ニュース記事を中心に翻訳・編集を手がける。
訳書に『ビジネス・フォー・パンクス』『TEAM OF TEAMS』(ともに日経BP社)がある。

[翻訳] 吉川 南
書籍やテレビ番組の字幕など幅広いジャンルの翻訳を手がける。
訳書に『TEAM OF TEAMS』(日経BP社)、『「先延ばし」にしない技術』(サンマーク出版)などがある。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

解説 ――「ドナルド・トランプ」という怪物
はじめに
プロローグ
第1章 クロンダイクからブルックリン、クイーンズへ
第2章 少年王ドナルド
第3章 見習い時代
第4章 恐怖都市
第5章 ドナルド、ミッドタウンを救う
第6章 トランプ、タワーを建てる
第7章 セレブへの仲間入り
第8章 だまされる者の国のトランプ
第9章 運の尽き
第10章 トランプ、見世物になる
第11章 ニュー・トランプ
第12章 トランプ、出馬する
第13章 トランプ、テレビショーに出演する
第14章 「私の美点の一つは……」
第15章 その悪評は海外でも
エピローグ ドナルド・トランプを理解するために

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う