編集者コラム

2017.10.11

現代日本人の死因の半分が「食事」が原因


 ご存知でしょうか? 現代日本人の死因の半分が、「食事」でだということ。

 日本人の死因のトップ3は癌、心臓病、脳血管疾患です。癌は遺伝的要素もありますが、
 それ以外のふたつは生活習慣、主に食生活の影響で引き起こされます。

 ですから若いうちから、バランスのよい食生活を送ることによって、
 生活習慣病を退け、長寿を手に入れることができます。
 本書でおすすめするのは、地中海食でも、炭水化物抜きダイエットでもなく、
 「和食」です。昔から日本人が食べてきた、身近な食材を使った食事です。
 日本は、海に囲まれ、植物の種類も豊富で、栄養に溢れた食材が豊かな場所。
 その日本に住んでいるのに、流行りのダイエット法だからと、遠いヨーロッパ
 から食材を取り寄せたりして実践しようとしても、なかなか続かないものです。

 とはいえ、忙しいビジネスパーソンが、毎日バランスの取れた和食膳のようなも
 のを準備するのはとても大変。
 そこで松村和夏氏が提唱するのは、「五味・五色・五法」という食事法。
 これは、食べ物の「5つの味、5つの色、5つの調理法」をなるべく満たすよう
 に食べ物を選ぶことによって、1週間、1ヵ月単位で栄養のバランスをとるという
 もの。

 例えば、昨日は揚げ物を食べたから今日はお鍋にしてゆでた食材を食べる、
 お弁当や外食でメニューを選ぶときは白、黒、青、黄、赤の5色が入っているも
 のを選ぶなど。
 とても簡単ですよね。
 これならどんなに忙しいあなたでも、実践することができます。

 本書を上梓した松村和夏氏は、
 野球・サッカーなど超一流スポーツ選手の栄養指導をはじめとして、
 モデルやタレントに大人気の超人気教室「広尾料理倶楽部」の講師としても活躍
 しています。
 あなたもこの本を読んで食事と健康を大改善してみませんか?

 【食事と健康大改善】http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4295401161/cmpubliscojp-22/