仕事術・ビジネススキルの本

年収10倍アップの時間術

年収10倍アップの時間術
カバー画像表示
著者:
永田美保子
定価:
本体1380円(税別)
発行日:
2017/2/21
ISBN:
9784295400608
ページ数:
207ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

世界7ヶ国の年収4000万円級エグゼクティブを 20年間サポートした一流秘書だからわかる デキる人の生産性へのこだわり方とは?


多国籍企業のエグゼクティブと言えば、超多忙な毎日。
分刻みのスケジュールで会議や出張を次々こなし、飛行機で世界中を飛び回っています。
そのようなギリギリのスケジュールの中でも、日本と比較して家族との休暇や自分の健康管理・フィットネスなどに使うために使う時間も確保し、同時に仕事でも成果を上げている彼らは、いったいどのような工夫をしながら働いているのでしょうか。

その秘密は、「人生全般における優先順位のつけ方」にあります。
そしてさらにそれは、彼らの「時間の使い方」にすべて凝縮されて表れているのです。
逆に言えば、できる人の時間の使い方を見れば、仕事での成果を上げて(=年収を上げ)、充実した人生を送ることができる、ということが言えるでしょう。

本書の著者は、20年以上にわたって、英国、米国、ベルギー、台湾など、7か国以上の外国人トップエグゼクティブの担当秘書として活躍してきました。
役員たちの時間の使い方を誰よりも間近で見てきた著者が、生産性が上がる行動パターンを「時間の使い方」という視点から分析。
本書ではその要素を、大きく5つの要素に分け、事例を挙げながらわかりやすく解説しています。

著者紹介
永田美保子(ながた・みほこ)
長年のエグゼクティブ担当秘書経験を生かして、2015年4月より独立し、秘書育成コンサルタント、エグゼクティブ向けメディアでのコラムニストとして活動中。大学卒業後、自動車メーカー研究所勤務・外資系消費財メーカーの秘書を経て、英国へ語学留学。その後フィンランドのヘルシンキに駐在し、フィンランドとスウェーデンを結ぶ定期航路大型客船にキャビンアテンダントとして乗務。帰国後は外資系企業・合弁企業・一部上場企業で役員秘書業務に2014年10月まで携わり、日本人・外国人役員を担当するエグゼクティブ秘書歴は通算20年以上に及ぶ。担当した外国人上司の出身地は7カ国(地域)以上に及び(英国・米国・台湾・ベルギー・カナダ・ドイツ・オーストラリア・ブラジル等)各上司のお国柄・人柄を踏まえて、家族に対しても日本滞在中の幅広いサポートを提供。一部の外国人上司の日本での任期終了の際は、「国に連れて帰りたい」と言われるほどの高評価を得る。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

1章 年収10倍の人は集中する
1 鬼のように働く台湾人役員
2 なぜ彼らは1日18時間、疲れずに働けるのか? 
3 過密日程の出張をこなす役員のスケジューリングのコツ
4 「ランチタイム」にランチは食べない 
5 本気を出すときは自宅にこもる 
6 集中力は体力が資本 
7 エグゼクティブは読書も超速 
8 10分後のことは忘れる 
9 パフォーマンスを上げるコツはオンとオフの切り替え 
10 人に会う予定のある日、ない日を明確に分ける 

2章 年収10倍の人は自分を大切にする
1 フィットネスは仕事の時間の一部として行く
2 どんなに忙しくても家族との休暇は絶対に死守する  
3 タバコは吸わないが食後にはシガーとコニャック 
4 エグゼクティブが寝る3時間前、1時間前にすること 
5 エグゼクティブは朝型が多いと言われる本当の理由 
6 メンテナンスのための歯医者の予約は最優先 
7 自信や覚悟が悩む時間を減らす 
8 オーダーメイドのスーツはまとめて3着作る 
9 パッケージツアーで旅行をしない 
10 出張の朝であっても身だしなみには時間を使う 

3章 年収10倍の人は無駄を嫌う
1 会議は15分単位で組む 
2 メールにお世辞はいらない 
3 口癖は「時間のあるときにやっておいてくれ」 
4 無駄な仕事を部下に振らないし受け取らない 
5 「時は金なり」を欧米流に解釈するとどうなる? 
6 ドアを静かに閉めることは他人の時間へのリスペクト 
7 昼の時間のプライオリティ 
8 「ご挨拶」のミーティングは断る 
9 一度で済むことは二度やらない 
10 気をつかうな、先を読め 

4章 年収10倍の人はすぐにやる
1 現地時間午前3時に超速でメールの返信がくる謎 
2 午前9時のお礼電話合戦 
3 メールはチャット感覚で使う 
4 忘れる前に部下や秘書に頼む、手帳に書く 
5 食事の誘いは、その場で日時まで決める 
 6 本当に決めるときのスピード感 
7 行動パターンを決めて決断を早くする 
8 決断も早いがあきらめも早い 
9 メインディッシュは10秒で、ワインは10分かけて選ぶ 
10 「こだわり」に時間を使うとき 

5章 年収10倍の人は焦らない
1 人の遅刻には怒らない 
2 忙しいからこそ体を動かす時間をつくる 
3 気づいたことはすぐに言う 
4 午後3時にオフィスの電話から子供たちの夕食手配をする 
5 ランチを食べない日が定期的にあるがまったく気にしていない 
6 オフィスでのコーヒーは自分で淹れる 
7 オフィスを走るのは禁止   
8 年収4000万円の人は「マイペース」 

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う