自己啓発の本

お金に愛される人は、美しい財布を使っている

お金に愛される人は、美しい財布を使っている
カバー画像表示
著者:
八島依子
定価:
本体1380円(税別)
発行日:
2017/3/21
ISBN:
9784295400707
ページ数:
223ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

お財布を変えれば人生が変わる!

なぜかお金に困らない人の財布は、いつも美しいものです。
お金に困っている人の財布は、汚れていたり、擦り切れていたり、カードやレシートでいっぱいになっていたりしますが、
お金の哲学を持っている人の財布は、いつもスリムで、美しい。
国際線CA、そして税理士として数々のVIPや経営者を見る中で、その法則に気が付きました。

お金はただの紙ではなく、人の信頼を表すもの。
つまり、人の役に立てば立った分だけのお金が財布に入ってきます。
お金持ちの人は、それだけ人・社会に貢献しているから、対価としてお金を手に入れている。

だから、お金が欲しいなら、まずは相手のことを考える必要があります。
自分だけただで儲けようとか、人から奪う人のところに、お金は長くとどまらない。

たとえば一番最近、寄付をしたのはいつですか?
いつもワリカンしていませんか?
無意識に人から奪っているものはありませんか?
今、「お金がない」と思う状態なのであれば、足りないのはお金ではなく、信頼を増やす行動なのかもしれません。

お金がたくさん回ってくる人の、お金の使い方、向き合い方、考え方。
「お金の出口を把握する方法」「効率的な貯蓄の方法」「クレジットカードの選び方・ポイントの罠」など、
具体的なハックを示しつつ、お金に悩まないエレガントな生き方を提案します。

<目次> Chapter1 お金に愛される人の財布
裕福なご令嬢は、9割がヴィトンの定番財布

Chapter2 お金をまわせば、入るものも大きくなる
神様のポケットにも貯金をしましょう
マザー・テレサの逸話
「お金がない」と口に出さない
人から奪ったり、ただで儲けようとしない
寄付をする
定期的に神社へお礼を言いに行く
Column2ふるさと納税について

Chapter3 気持ちまで豊かになるお金の習慣
不安を埋めるために貯金するのはやめる
ワリカンは原則、しない
お金の支払いは見えないところで
Column3クレジットカードについて
Column4ポイントの罠

Chapter4 お金で悩まないというエレガンス
ブランド品の分割払いは身分不相応の証
買い物の後に罪悪感を感じない
出版社からのコメント
著者が財布というモチーフを基にして語るのは、
たとえお金がない状態に置かれたとしても、自然とお金が集まってくる人になる、
「お金持ちマインド」のある優雅な女性の生き方です。

相手に与えること、そして人から与えられること、そのエネルギーの交換を幸せと感じられること。
たとえば「ワリカン」は、相手に与えも与えられもしない代わりに、エネルギーの循環を断ち切ります。
まずは素直に感謝して受け取り、気持ちよく人に与えられる人になりましょう。

著者紹介
八島依子(やしま・よりこ)
聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、日本航空株式会社で国際線客室乗務員として勤務。
その後一念発起して、全く未知分野である税理士の資格に挑戦し合格。
法人・個人の税務顧問を中心に、今は札幌市で「八島依子税理士事務所」として独立開業中。税理士の仕事のほかに、元CAという経歴を活かしてマナー研修や姿勢指導、大学の非常勤講師なども務める。大学生の長男と、小学生の次男、2児の母。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

はじめに

Chapter1お金に愛される人の財布
1お金が戻ってきたがるお財布
2お財布の小銭の値段がわかりますか
3裕福なご令嬢は、9割がヴィトンの定番財布
Column1お財布を使い始めるタイミング

Chapter2お金をまわせば、入るものも大きくなる
1神様のポケットにも貯金をしましょう
2マザー・テレサの逸話
3「お金がない」と口に出さない
4独立するきっかけをくださった師匠のこと
5人から奪ったり、ただで儲けようとしない
6感謝の気持ちを持つ
7お金に対する執着を捨てる
8寄付をする
9お返しを怠らない
10前に進む人には、お金がついてくる
11定期的に神社へお礼を言いに行く
Column2ふるさと納税について

Chapter3気持ちまで豊かになるお金の習慣
1お金の出口を把握する3つの方法
2消費、貯蓄、投資の3種類の使い方
3お金に困ったときこそ、自己投資を
4でも、まずは貯蓄すること
5不安を埋めるために貯金するのはやめる
6将来の生活費用を棚卸してみる
7支払いはすぐに行う
8ワリカンは原則、しない
9さもしそうな振る舞いをしないこと
10お金の支払いは見えないところで
11税金をしっかりと払う
Column3クレジットカードについて
Column4ポイントの罠

Chapter4お金で悩まないというエレガンス
1おしゃれにかけるお金の考え方
2ブランド品の分割払いは身分不相応の証
3買い物の後に罪悪感を感じない
4迷うなら買わない
5化粧品代は、お金のかけどころを見極める
6健康投資について
7価値観は人それぞれ
Column5株式投資について


おわりに

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う