自己啓発の本

できたこと手帳

できたこと手帳
カバー画像表示
著者:
永谷 研一
定価:
本体1480円(税別)
発行日:
2017/10/1
ISBN:
9784295401100
ページ数:
192ページ
サイズ:
216×152(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス

これは、自己肯定感を上げ、あなたの「自信」と「可能性」を引き出すメソッドを凝縮した手帳です。

▼「できたこと」を書くだけ。6000人が体感したオリジナルの方法

家でも、会社でも、学校でも、私たちはつい「できないこと」ばかり見てしまいがち。
でも、「できないこと」を見ても落ち込むだけです。

この手帳は、1日の終わりに、その日の自分の「できたこと」を書き留めていき、週に1回、「ちょっと自分を振り返る」手助けをします。
そうすることで、確実に自分が変わっていきます。

1万2000人以上のデータや認知心理学、行動科学をベースにしつつも、小難しいことは一切抜きで、「昨日より今日、ちょっとよくなる」シンプルな方法。
これまで、働く人や主婦、生徒、親子など、6000人あまりがすでに効果を体験しています。
次はぜひ、あなたが実感してください。

今日から始められる「日付記入式」のこの手帳で、あなたの大切な1年が、楽しく、意味深い1年になりますように。

著者紹介
永谷 研一(ながや けんいち)
発明家/株式会社ネットマン 代表取締役社長
1966年静岡県沼津市生まれ。NPO法人 学習分析学会 副理事長、情報コミュニケーション学会 評議員。2001年より「携帯電話などモバイル端末を活用したアクティブラーニング」を手がけるICT利活用教育のパイオニア。行動変容を支援するITシステムを考案・開発し、日米で特許を取得。行動科学や認知心理学をベースに、これまで1万2000人以上の行動実践や内省のデータを検証・分析し、目標達成のための行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」を開発。三菱東京UFJ銀行や楽天、日立グループなど130社以上の人材育成プログラムに導入される。著書に『絶対に達成する技術』(KADOKAWA)、『人材育成担当者のための 絶対に行動定着させる技術』(ProFuture)、『1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート』(クロスメディア・パブリッシング)がある。
できたことノート 公式サイト  http://dekitakoto.jp
行動習慣化メソッド「PDCFA」  http://pdcfa.jp
スマホ活用授業「C-Learning」  http://c-learning.jp

  • 紙の本を買う

もくじ

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う