社会・経済の本

会話でわかる!忙しい医師のための不動産投資

会話でわかる!忙しい医師のための不動産投資
カバー画像表示
著者:
植田 幸
定価:
本体1480円(税別)
発行日:
2017/9/1
ISBN:
9784295401179
ページ数:
204ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする セミナー詳細はこちらから

2017年12月 著者セミナーが開催されます!


「2025年モデル」や専門医制度などで 医師を取り巻く環境は変わろうとしています。 そんな先行きが不透明な時代こそ、 医師がどんな社会的な状況においてもお金に困らないための準備が必要です。 そのためのポイントは3つで 1つ目はお金のリテラシーを身に付けること。 2つ目は、医師という肩書きを最大限に生かすこと。 3つ目は、経営視点を持つこと。 本書は、不動産投資の知識を中心に、上記の3つのポイントを 会話形式でわかりやすく解説しています。 とある大学病院で勤務医としてモーレツに働く女性医師が主人公。 この本を読めば、お金のリテラシーから資産家ドクターへの道を学ぶことができます。 実際に大学病院にお勤めのドクターから、今後民間病院で働く医師の方、 逆に医師から転業するような方にも取材をして制作した、 ドクターにとって必要なお金の情報をギュッとまとめた一冊です。


著者紹介
植田 幸(うえた・さち)
中央大学法学部卒業後、金融業界、国際的情報機関を経て、2006年不動産業界に参画。中古住宅再生事業、新築マンション事業、リノベーション事業等を経験したのち、医師向け資産コンサルタントとして活躍。クライアントの大半が医師であることから、「医師の方々が本業に専念できるための資産サポーターでありたい」をモットーに、医師ならではの悩み、不安、苦悩の解消に奔走している。 現在トライブホールディングスの執行役員として社内マネジメントの傍ら、全国にてセミナー講師など幅広く従事している。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

序にかえて

第1章 お金の常識
 お金のリテラシー
 お金が貯まる人、貯まらない人
 投資と一言で言っても、なにから始めればいいのか?

第2章 不動産投資の基本
 マンション投資は疲れない
 マンション投資の仕組み
 マンション投資がいい理由
 「ほったらかし」の不労所得
 投資のリスク
 頭金ゼロ円でも始められますか?
 借金って怖い?
 医師であることのメリット
 マンション管理は大変だからやらない方向で
 長期投資の利点を生かす
 レバレッジ効果とは

第3章 新築ワンルームマンションから始めよう
 新築区分と中古区分の違い
 東京か? 地方か?
 東京は住みやすい
 東京のマンションは安い?
 物件エリアの考え方
 新築物件購入のポイント
 優良業者の見分け方
 投資家は金融機関を選べない
 委託管理と借り上げ保証
 新築は相続対策で威力を発揮する
 新築ワンルームで保険代わりに
 複数戸持つことで成功に近づく
 ケーススタディ1(A医師・年収:1500万円)
 ケーススタディ2(B医師・年収:1700万円)

第4章 中古1棟マンションを運用しよう
 中古1棟マンションの魅力とは?
 なぜ中古1棟マンションなのか?
 地方中古1棟マンションのデメリットを潰す
 地方中古1棟、狙い目のエリアは
 中古物件はここが注意
 物件選びのポイント
 中古1棟マンションは巡り合わせ
 出口戦略
 「新築ワンルーム+地方中古1棟」は、ベストな組み合わせ
 マンションの買い時ってあるの?
 マンション投資で成功する人、成功しない人 
 ケーススタディ3(C医師・年収:2500万円)
 ケーススタディ4(D医師・年収:1500万円)
 ケーススタディ5(E医師・年収:1800万円)

第5章 医師を取り巻く環境から考える
 国が目指す「2025年モデル」
 混迷する専門医制度 
 医師が転職をする理由
 不動産×医師のメリットを最大限に扱う

終わりに

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う