社会・経済の本

税金格差

税金格差
カバー画像表示
著者:
梶原一義
定価:
本体1280円(税別)
発行日:
2017/12/11
ISBN:
9784295401438
ページ数:
271ページ
サイズ:
182×115(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

「税」から今日の格差や経済の問題点を知る! 日本の多くのサラリーマンに贈る、新しい教養の一冊。


▼ 実感なき経済成長の中、増税が迫る


 


精いっぱい働いても、給料は上がらず、生活もラクにならず、将来は不安……と嘆く人は多い。 給料は横ばいでも、消費税は上がり、社会保険料は増え、子どもの教育費も高騰を続けている。 だが、まわりを見渡せば、そうでない人も数多くいる。


会社員は源泉徴収できっちり税金を取られ、節税などほとんどできない。 一方で、一部の自営業者や経営者など富裕層は、ほとんど税金も納めず裕福に暮らしている。


これらの格差の原因は「歪んだ税」にある。 戦前から現在までを概観しつつ、どこが問題なのか、いつから歪められたのか、今日の格差や不公平の根源を指摘。 また、所得税や消費税など、日本における5つの主な税の問題点を掘り下げていく。 老舗の週刊経済誌で記者を務めた著者が、庶民の目線で「税」の問題点に鋭く迫った一冊!


著者紹介
梶原一義(かじはら・かずよし)
1953年生まれ、北九州市若松区出身。早稲田大学商学部を卒業後、ダイヤモンド社に入社。「週刊ダイヤモンド」記者としてマクロ経済や中小企業、総合商社、化学・医薬品業界などを担当。以降、各種経営情報誌や単行本などの編集に従事。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

はじめに

序章 ざっくりつかむ税金の基礎と問題点
 税はこう変わってきた-近代から現代の流れを一気につかむ
 税の「3つの機能」と「3原則」
 「他人任せ」が不公平税制を生んできた
 税への無関心が「逆襲」してくる
 高額納税者の5割強は中小企業の経営者・役員
 企業数で見ると、日本企業=中小企業=同族企業

第1章 所得税-富裕層優遇の分離課税が定着し、税率も引き下げ
 バブル前後の「税率構造の圧縮」
 配当所得課税は申告不要が定着
 シャウプ税制の理念とは
 「進駐軍の押しつけ税制」として、骨抜きに

第2章 相続税・贈与税-バブル崩壊後に富裕層優遇が進んできた
 何が問題となっているのか
 空洞化が改善されない相続税
 近年、軽減基調にある贈与税

第3章 法人税-中小企業優遇税制のオンパレード
 企業数の1%未満の大企業が法人税収の6割強を納める異常
 資本金額1億円と1000万円が節税の分岐点

第4章 消費税-巨額の益税発生などずさんな仕組み
 事業者への過剰な懐柔策を盛ったために、空洞化
 OECD加盟33カ国で、インボイス方式でないのは日本だけ
 免税店が1000万円に下がっても、約6割が免税事業者
 みなし仕入れ率によって益税が生まれる簡易課税制度
 軽減税率導入で、どうなるか
 
第5章 毎年の膨大な申告漏れと課税体制の問題
 きちんと調査すれば、追徴税額は10兆円前後増える
 どう制度を整えていけばよいのか

第6章 税制が歪められてきた構図
 田中角栄元首相が強力に推し進めた商工会議所との連携
 中小企業に脅されて費えたグリーンカード制度
 7割の法人が不払いの「法人事業税」の外形標準課税制度
 株主の租税回避にブレーキをかける留保金課税制度

第7章 主要な税制改正要望を実現させる日商の実力
 税負担の軽減を求める要望が多い
 空き家問題深刻化の中で、住宅ローン減税が補充

第8章 税制を正していくために
 税の重要性を理解していた田中角栄元首相
 重要なのは「税への関心」

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う