仕事術・ビジネススキルの本

世界のビジネスリーダーがいまアートから学んでいること

世界のビジネスリーダーがいまアートから学んでいること
カバー画像表示
著者:
ニール・ヒンディ
定価:
本体1780円(税別)
発行日:
2018/10/21
ISBN:
9784295402442
ページ数:
288ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

ヨーロッパでもトップクラスのビジネススクールであるスペインのIE Business Schoolで教えられている内容を一冊にまとめ、世界に先駆けて刊行したものが本書である。


▼最先端のビジネススクールで教えられている「アート」の授業

Appleのスティーブ・ジョブズは、
大学中退後もカリグラフィー(美術書道)の授業には通い続けた。
AirbnbやDropboxを世に送り出したベンチャーキャピタルY Combinatorの
ポール・グレアムは、イタリアで絵画を学んだ。
Googleのデザインに革命を起こし、YahooのCEOを務めたマリッサ・メイヤーは、
プロのアーティストだった母親からアートの手ほどきを受けた。

合理性や技術の積み重ねだけでは、もはやモノが売れない。
ビジネスモデルが一夜にして崩れ、新しいライバルがふいに現れるいまの時代、
「データ」「合理的判断」だけに頼ることはできない。
だからこそ、いまビジネスに「アート」が必要なのだ。

「デザイン思考」は、デザイナーの考え方・
視点をビジネスに取り入れる手法として広まっている。
一方で本書は、個人と組織の双方の視点から、アーティストの考え方・
視点をビジネスに取り入れる方法を教えてくれる。

本書はこうした内容を、世界に先駆けて翻訳。
「アーティストの視点をビジネスにどう取り入れるか」というテーマについて、
世界のトレンドや実際の企業・プロジェクトでの実例を豊富に盛り込みつつ解説。
また日本向けに、日本人の文化的・経済的コンテクストにも合った内容や事例を加えて刊行する。

著者紹介
ニール・ヒンディ(にーる・ひんでぃ)
イスラエル・テルアビブ出身。起業家。アートの世界の実践やプロセス、テクニックをもとにイノベーションと創造性に関するトレーニングを提供し、ビジネスと起業家精神にアートの思考を融合するThe Artianの創業者。現在、スペイン国王フアン・カルロス1世によって設立され、同国内で革新を促進する組織である「コテック」の100人のエキスパートの1人であり、マドリードにある欧州を代表するビジネススクールの一つであるIEビジネススクールの客員教授、デザインスクールIstituto Europeo di Designの客員講師を務める。複数のアート&テック関連イベントの創始者であり、国際的なスタートアッププログラムのメンターでもある。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

監訳者まえがき

序章 ルネサンス的思考を復興する
アートとビジネス 
左脳型組織における創造 
ルネサンス的思考の必要性 

第1章 アーティストと起業家の関係
アートと起業の関わり 
アーティストになる 
アート教育
アートからインスピレーションを得る
起業家とアーティストは似ている
起業家とアーティストは制約のもとで努力する 
ミネルバは科学と芸術の女神である 
人工知能
好奇心を持つ 


第2章 企業はアートを必要としている
アートを教える
アーティスト・イン・レジデンス
エクササイズ

第3章 アートとイノベーション
イノベーションにおけるアートの役割
生れながらの探求者
考え方を問い直す
アートと文化の関係
想像できないものを想像する

第4章 アートとスキル
アーティスティック・マインドセット
スキル①観察
スキル②質問
スキル③アイディアの創出
スキル④関連づけ
その他のスキル①共感
その他のスキル②経験
その他のスキル③ビジュアル化
革新的な起業家の五つのスキル
第5章 創造的な組織
想像的な組織の構造
要件①コミットメント
要件②文化
要件③スキル
要件④メソッド
要件⑤行動
創造的人材を取るにあたっての調整法

エピローグ
参考文献

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う