仕事術・ビジネススキルの本

もっと誰からも「気がきく」と言われる46の習慣

もっと誰からも「気がきく」と言われる46の習慣
カバー画像表示
著者:
能町光香
定価:
本体1280円(税別)
発行日:
2019/3/21
ISBN:
9784295402855
ページ数:
208ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

20万部突破のベストセラーがアップデート!! さりげない気づかいが“無意識に”できる人になる!!


初対面のあいさつ、目上の人と話すときや、ちょっとした飲み会など。
「気がきくようになりたい」と思う場面は誰にでもあります。

「『気がきかない』とよく言われるけど、そもそも気のつかい方がわからない……」
「自分では気をつかったつもりなのに、相手が気づいてくれない……」

と、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
そこで本書では、気配りのプロフェッショナルであるベテラン秘書が、
「さりげない気づかい」で周囲の人から「感謝」や「信頼」を得る方法を
全46項目で述べていきます。
大げさなことをしたり、マニュアル通りにしたりすることはなにもありません。
普段の生活の中で実践できる考え方や行動の習慣から、
あなたの「気づかい」を変えていきましょう。

※本書は、2010年に刊行した『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』を、
時代に合わせて加筆・修正・再編集した上で刊行したものです

著者紹介
能町光香(のうまち・みつか)
株式会社リンク代表取締役、日本秘書アカデミー代表、気づかい研究家、人材育成コンサルタント、上級米国秘書検定保持者。
京都在住。青山学院大学、京都造形芸術大、The University of Queensland大学院卒業。10年間、ティファニーやバンクオブアメリカ・メリルリンチ、ノボノルディスクファーマなどの一流企業にて10名のトップ・マネジメント(社長・重役などの上級管理職)を補佐するエグゼクティブ秘書を務め、「気づかい」の大切さを知る。その後、2013年に「日本と世界をつなぐ架け橋となる」という思いから、株式会社リンクを設立。同時に、「日本秘書アカデミー」の前身である「一流秘書養成スクール」を創設し、講演、企業研修、執筆活動を精力的に行う。また、京都造形芸術大学にて芸術や文化の観点から「気づかい」に関する研究をおこなう。2019年4月から京都大学経営管理大学院に進学し、経営の観点からサービスやホスピタリティについて学びを深める。
21万部のベストセラーとなった『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』(クロスメディア・パブリッシング)は、中国語、韓国語にも翻訳される。その他にも、『エグゼクティブ秘書が教える一流の仕事術』(日本能率協会マネジメントセンター)、『なぜ一流のリーダーは東京—大阪間を飛行機で移動するのか』(扶桑社)など著書多数。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

はじめに 

第1章 いつでも気がきく人の3つの共通点
1 相手ありき 
2 尊敬する 
3 先読みする 

第2章 信頼される人の気づかいの習慣
4 言葉よりも行動で
5 感情にそっと寄り添う 
6 タイミングを読む 
7 人やものにあたらない 
8 我を押しつけない 
9 想像力で先読みする 
10 下心を持たない 
11 言い訳・責任転嫁しない 
12 ほどよい距離感を保つ 

第3章 臨機応変なコミュニケーションで敵をつくらない
13 誰にでもフェアに接する 
14 人に興味を持つ 
15 自分と相手の立場と役割をわきまえる
16 対面コミュニケーション
17 本音で接する
18 好き嫌いを出さない
19 必ず「おはよう」と言う
20 聞くときはじっと聞く
21 新しい環境ではキーパーソンを見つける
22 相手の「嫌なこと」に敏感になる
23 気難しい人とは感情で付き合わない

第4章 細やかな配慮でやる気を引き出す
24 マネジメントをしてもコントロールはしない
25 絶対に「ダメ」と言わない
26 意見を聞く、考えを聞く
27 Give & Takeはしない
28 エンディングを気持ちよくする
29 ちょっとした一言を惜しまない
30 相手が喜ぶプレゼントをする
31 お礼には一筆添える

第5章 言いにくいことも言えるようになるスマートな伝え方
32 話の要点がわかりやすい
33 読まれるメールを送る
34 余計なプレッシャーを抱えない
35 余計なことを言わない
36 初対面でも沈黙を恐れない
37 キッパリと断る
38 注意しない、否定しない
39 気持ちのいいお願いをする

第6章 気配り上手の効率的なタイムマネジメント
40 時間感覚を意識する
41 計画性がある
42 決断が早い
43 面倒をためない
44 準備はしても完璧は目指さない
45 勉強や仕事は朝にやる
46 気疲れを癒す

おわりに

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う