仕事術・ビジネススキルの本

開成流ロジカル勉強法

開成流ロジカル勉強法
カバー画像表示
著者:
小林尚
定価:
本体1380円(税別)
発行日:
2019/9/21
ISBN:
9784295403418
ページ数:
256ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

大学生・社会人になってからの勉強法とは?


なぜ「開成流」なのか? というと、名門校には他校にはない独自の秘伝があり、
その伝承によって天才は生まれるのではないか?
という仮説からである。本書で語られていることはいたってシンプルであるが、
本質的である。ストーリーロジックとストラクチャーロジック。
まずはこの2つのワードを鍵として勉強法を身に付けてほしい。

著者紹介
小林尚(こばやし・しょう)
株式会社キャストダイス 代表取締役、YouTuber。
1989年生まれ。埼玉県出身。高校受験で私立開成高校に入学し、弁論部キャプテンとして活動。現役で東京大学文科Ⅰ類に入学。卒業後、経営コンサルティング会社の戦略部門を経て、株式会社キャストダイスを設立。得意領域は教育×コンサルティング。大学在学中には、大手予備校に勤務し、東大・医学部合格者を多数輩出する他、各種経営指標で全国1位を度々獲得。コンサルタント時代には新規事業開発、人材・組織変革に取り組み、3回のプロジェクト表彰を受賞。近年はYouTubeチャンネル“CASTDICE TV”で受験・キャリアに関する動画を配信中。大学や教育機関での講演・セミナーも実施している。

YouTube:CASTDICE TV
Twitter:@kobasho_cd

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

プロローグ
開成流ロジカル勉強法ってなに?

第1章 可能性を4倍にする勉強法
01 日本の大学生・社会人はとにかく勉強しない
02 勉強の習慣は1日1時間からでOK
03 4技能を活用して効率を飛躍させる
04 4技能×ロジカル勉強法
05 ロジックの種類は2つだけ
06「読む」→ 手軽な読書から始めよ
07「聞く」→ 実は重要な勉強法
08「書く」→「必ず伝わる」を会得せよ
09「話す」→最強のインプット法
10 勉強法の王道
column ① 1対1暗記術

第2章 ロジカルに「読む」
01「読む」ことが、すべての始まり
02 安易な音読から構造的理解へ
03 速読は幻想である
04 筆者の主張―メッセージの存在
05 筆者の主張―メッセージとはなにか?
06 筆者の主張―メッセージを捉える
07 ストーリーロジックを捉える
08 ストラクチャーロジックを捉える
09 文章の「目印」を発見する
10 図表を読み取る
11 軸を捉え、特徴を掴む
12 ロジカルに「読む」の実践
column ② 虫食い暗記術

第3章 ロジカルに「聞く」
01「聞く」は非効率なのか?
02「聞く」勉強の使い途
03「聞く」勉強の危険性
04 ロジカルに「聞く」なら準備がすべて
05 20の法則の応用
06 適切な答えが返ってくる問い
07 拾うべき情報・捨てるべき情報
08 聞きながらメモをとる方法
09 隙間時間と映像の活用
10 ロジカルに「聞く」の実践
column ③ 勉強範囲で楽をしない

第4章 ロジカルに「書く」
01 ペンは剣よりも強し
02 いつ「書く」のか?
03 作品ではなく、パーツをつくれ
04 2つの「書く」を身に付ける
05 文章から箇条書きへ
06 最強の箇条書きを身に付ける
07 パワポ型「書く技術」―1スライド1テーマ08 図形の意味を決めておく
09 2つのストーリーを俯瞰する
10 PCか? 手書きか?
11 ロジカルに「書く」の実践
column ④ スケジュールのつくり方

第5章 ロジカルに「話す」
01「話す」ことが勉強になるのか?
02 予備校講師はなぜ授業が上手いのか?
03 弁論部も「話す」のは難しい
04「話す」勉強の目的
05 ロジカルな話の上手さとは?
06 53分間トーク法
06 アンサーファースト。まず答えから述べる 07 2Dトークを習得せよ
08 録音・録画の活用
09 ロジカルに「話す」の実践

第6章 勉強とは夢である
01 なぜ「開成流」なのか
02 ロジックだけでは、人は動かない
03 弱者のためのロジック
04 最終的には「質より量」
05 最強の一夜漬け
06 勉強で身に付けた型は仕事の基礎になる
07 知識は忘れても、習慣は忘れない
08 お金ではなく、「力」を貯める
09 勉強に夢を持とう

エピローグ
本物の勉強技術を

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う