社会・経済の本

中国はなぜ成長し、どこに向かうか、そして日本は?

中国はなぜ成長し、どこに向かうか、そして日本は?
カバー画像表示
著者:
和中清
定価:
本体1780円(税別)
発行日:
2019/12/21
ISBN:
9784295403739
ページ数:
368ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

中国で「傑出創作賞」を受賞した話題作が日本上陸! 中国の成長要因と日本の衰退要因は、不思議なほどに符合する


本書は、30年にわたり中国でビジネスを展開してきた日本人の著者が書いた書籍です。
近年、中国は目覚ましい成長を遂げました。その成長の過程を30年間ずっと現地で
見てきた著者が語る中国の姿は、まさしく等身大の中国と言えるでしょう。

第1章で、中国の成長の要因を「思想と理念」「政治と指導者」「中国社会の風土と中国人」
「中国経済」という4つの観点から紐解き、分析しています。
第2章では、習近平が語る「新時代」を分析し、これからの中国はどうなるかついて示唆しています。
そして、第3章、第4章では、日本の現状と日本の未来について提言しています。

中国でビジネスを展開している企業、これから進出しようと考えている企業のビジネスマンや、
中国経済の動向が気になる投資家の方にとっては、これからの中国がどこへ向かうか、
そのなかで私たちは中国とどのように関わっていくのがよいのかを考えるきっかけになる本です。

著者紹介
和中清(わなか・きよし)
1946年大阪生まれ。(株)インフォーム 代表取締役 経営コンサルタント。1991年に上海に事務所を設置し日本企業の中国事業協力に取り組む。国立研究開発法人 科学技術振興機構 中国総合研究・さくらサイエンスセンターのHP「Science Portal China」のコラム「和中清の日中論壇」で中国情報の執筆を2009年より続けている。業務の傍ら、70歳を過ぎ中国の自然に魅せられ、中国の自然、街、村を紹介するサイト「感動中国100」を開設して100か所の紹介を目標に活動を続けている。著書に『仕組まれた中国との対立』(クロスメディア・パブリッシング)、『中国が日本を救う』(長崎出版)、『中国市場の読み方』(明日香出版社)、『経営コンサルティング・ノウハウ』(PHP)など多数。近著の中国出版本『奇跡 発展背后的中国経験』(人民東方出版)は中国国家シルクロード出版事業「外国人が書く中国」プロジェクトで傑出創作賞を受賞

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

まえがき

第1章 中国はなぜ成長したのか
思想・理念から考える
1 平和主義
2 市場経済と対外開放
3 科学技術の発展
政治と指導者から考える
4 政治の安定
5 指導者の理念
6 戦略の強みと大胆さ
中国社会の風土と中国人から考える
7 社会の風土
8 農村の安定と農民工の貢献
9 中産階級の拡大と巨大市場
中国経済から考える
10 住宅建設と需要
11 経済運営の巧みさ
12 上海の役割

第2章 新時代とは何か、中国はどこに向かうか
1 2020年後のリスクを考える
2 新時代とは
3 これからの中国経済

第3章 中国の平和主義を誰が貶めているのか
〜日中友好のために〜
1 対立を仕む情報操作と誤解
2「中国の脅威」の政治利用
3 日本会議と右翼政治家
4 歴史修正主義教育
5 友好を破壊する靖国神社
6 南諸島への米国の介入
7 尖閣諸島の対立
8 日中友好への提言

第4章 なぜ日本は衰退するのか
1「政治の軽さ」と「まじめさの喪失」
2「アジアの矜持」を持てない日本
3 借金漬けの日本
4 戦略欠如
5 内に籠る社会風土
6 成長市場への関わりの遅れ

あとがき

参考文献

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う