仕事術・ビジネススキルの本

仕事はストーリーで動かそう

仕事はストーリーで動かそう
カバー画像表示
著者:
川上徹也
定価:
本体1450円(税別)
発行日:
2008/11/11
ISBN:
9784844370505
ページ数:
192ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレスコミュニケーションズ
立ち読みする

他の人と確実に差をつける究極のビジネススキル


デキる人、売れてる商品、魅力的な会社は相手が共感するストーリーをつくり、語ることで成果をあげています。 この本では、「第1幕 なぜ、今、"仕事にストーリー"なのか?(理論篇)」「第2幕 こんなストーリーが人の心をつかんだ!(実例篇)」「第3幕 で、具体的にどうすればいいの?(実践編)」の3部構成で、仕事やビジネスの色々な場面でどのようにストーリーを使えばいいかを、わかりやすく解説しています。


著者紹介
川上徹也(かわかみ・てつや)
「おもしろきこともなき世をおもしろく」するのが目標のCreative Planner(クリエイティブ・プランナー)! 大阪大学人間科学部卒。広告代理店・旭通信社(現アサツーDK)に入社。テレビスポット部や営業局を経由し、クリエーティブ局へ。CMプランナーとしていくつかのCMを製作。95年退社。フリーランスのコピーライター・プランナーとして独立。翌年、サントリーモルツのラジオCMで東京コピーライターズクラブ(TCC)新人賞受賞。
以降、主にラジオ・テレビCMのコピーを書き続け現在に至る。ACC賞、広告電通賞、フジサンケイ広告大賞制作者賞等、受賞歴多数。97年頃より演劇活動を再開。また広告のお仕事、演劇活動と並行して、ドラマ・映画の企画・シナリオ、バラエティ番組の企画・構成、ビジネス系ゲームの企画・シナリオ等の仕事で活躍中。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う
  • 章ごとに買う

もくじ

はじめに

第 1 幕 なぜ、今、"仕事にストーリー"なのか?(理論編)
1 人間にとってストーリーは必要不可欠なもの
  ロジックやデータだけで人は動かない
  人類は太古の昔からストーリーが大好き
  昔話や童話は一度聞いたら忘れない
  聞く耳を持たないような教訓もストーリーなら心に響く
2 ロジックを超えたストーリーの力
  どんな人にもストーリーはある
  ストーリーをつくるのは、専門家でなくてもできる
  アメリカの「ストーリーテリング」は、日本には適さない
  仕事やビジネスにおける「ストーリー」の定義
3 「仕事はストーリーで動かそう」がうまくいく理由
  仕事でストーリーを使うことのメリット 基礎編
  仕事でストーリーを使うことのメリット 発展編
  仕事でストーリーを使うことのメリット 上級編
4 これがストーリーの黄金律だ!
  「仕事でストーリー」はできるだけシンプルに
  黄金律は「人類共通の感動のツボ」を押す
  黄金律に必ず含まれる3大要素
  ストーリーの構成はTDL方式で
  ビジネスパーソンの心をつかんだストーリー
  されど、ストーリーは万能ではない

第 2 幕 こんなストーリーが人の心をつかんだ!(実例編)
1 ストーリーで商品はこんなに輝かく
  20代の若者と30代の主婦に突き刺さったストーリー
  ボルヴィックのストーリーはどこが優れているのか?
2 ストーリーで企業はここまで変わる
  アメリカで一番わくわくする会社
  世界に影響を与えるフィッシュ哲学
3 ストーリーでリーダーはカリスマになれる
  モノをつくる前にヒトをつくる
  水道哲学という名のストーリー
4 ストーリーで感動を呼ぶプレゼンテーションに
  5分のプロモーションビデオが流れを変えた
  無名のCMディレクターが有名映画監督に勝つ
  ロンドンのストーリーのどこが優れていたか?

第 3 幕 で、具体的にどうすればいいの?(実践編)
1 仕事をストーリーで動かす方法
  ストーリーで動かす4つの相手とは?
2 ストーリーで「得意先」を動かす
  営業マンはストーリーを描こう
  営業ストーリーの描き方
  得意先の欠落した部分の見つけ方
  交渉の目標は相手と一緒にストーリーをつくること
  プレゼンでは、ストーリーをプレゼントする
  究極のプレゼンはエレベータートーク
3 ストーリーで「上司」を動かす
  自分から上司に働きかける
  上司に自分のストーリーに参加してもらう
4 ストーリーで「部下」を動かす
  上司の役割は、部下にストーリーを語らせること
5 ストーリーで「消費者」を動かす
  ストーリーのある広報はメディアに取り上げられやすい
6 ストーリーで「商品」を輝かせる方法
  まずは商品のことを徹底的に知る
  ストーリーが発見できないときの10のヒント
7 ストーリーで「会社」「店舗」「個人」を
  ブランディングする方法
  ストーリーブランディングは仕事をやりやすくするためのもの
  まずは棚卸しから
  やりたいこと、やりたくないことリスト
  パーソナル・フラッグを掲げる
  そして、自分のストーリーをつくる
  ストーリーに合わせて行動していく
  仲間を巻き込むために、リーダーは未来のストーリーを語れ
  ミッションはできるだけシンプルに
  ストーリーは常にリバイスしていく

おわりに

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う
  • 章ごとに買う