マネジメントの本

価格、品質、広告で勝負していたら、お金がいくらあっても足りませんよ

価格、品質、広告で勝負していたら、お金がいくらあっても足りませんよ
カバー画像表示
著者:
川上徹也
定価:
本体1400円(税別)
発行日:
2009/06/11
ISBN:
9784844370666
ページ数:
208ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
188×130
発売:
クロスメディア・パブリッシング
立ち読みする この本のサポートページはこちら

「商品」「サービス」「会社」「あなた」にいま必要な差別化戦略


「商品」「サービス」「会社」「あなた」にいま必要な差別化戦略 世の中はいろいろな商品・サービスで溢れていますが、不況の今の世の中で売れ続けているのは「安くて品質の良いもの」ばかりです。ユニクロしかり、プライベートブランド商品しかり。しかし、小さな会社が、品質にこだわり、いいものを作り、なおかつそれを大企業よりも安く売る。さらにブランド力のない小さな会社なので広告にもお金が必要です。こんなことをしていたら、小さな会社はたちまち潰れてしまうでしょう。 この本では、そのような数多くの小さな会社が、商品・サービス、また企業自身に、「人をひきつけ、共感できるストーリー」を組み込むこみ、ファンを作ることで安定した売上をあげる差別化戦略を紹介します。具体的な事例を織り交ぜながら、ストーリーのつくり方、活用の仕方を説明していきます。


著者紹介
川上徹也(かわかみ・てつや)
ストーリーの力で、会社・商品・個人を"売れ続けるブランド"にするクリエイティブ・ディレクター。
湘南ストーリーブランディング研究所代表。
大阪大学人間科学部卒業後、大手広告代理店に入社。営業局、クリエイティブ局を経て独立。フリーランスのコピーライター&CMプランナーとして50社近くの企業の広告制作に携わる。フジサンケグループ広告大賞制作者賞、広告電通賞、ACC賞など受賞歴は15回以上。また平行して舞台やドラマの脚本家としても活動。広告と脚本、2つのフィールドでの経験を掛け合わせた、ビジネスとエンターテインメントを融合した企画も得意分野。 2008年11月、「仕事はストーリーで動かそう」を出版。"ビジネスにストーリーを導入することで仕事相手の感情を動かす"という内容は、多くのビジネスパーソンから熱い共感と支持を得た。現在は、広告制作にとどまらず、クライアントの企業理念構築からブランディングまでのサポート・コンサルティングを中心に大きな成果を生み出している。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う
  • 章ごとに買う

もくじ

はじめに

第1幕 なぜ、価格、品質、広告で 勝負してはいけないの?(理論篇)
1 経営者は、失業者予備軍って知っていましたか?
2 売れ続けるために必要な「XとYの法則」とは?
3 「満足」しただけではお客さんはリピーターにはなってくれません
4 本当のニーズなんてもうないのかもしれません
5 価格競争は結局、自分の首をしめるだけですよ
6「厳選された素材」「こだわりの製法」では何も言ってないのと同じですね
7 ありきたりな広告ではもう見向きもされなくなりました
8 時代の空気はこんなに変わっています。だからこそ・・・
9 人の心にグサッと突き刺さるハリウッド式黄金律を公開します
10 そうか、パンダがいなくてもブランド化はできるんだ!
11 「3本の矢の法則」であなたは最強になります
12 崖っぷちは最大のチャンスなり!

第2幕 こんなストーリーが価値を生む(実例篇)
1 冬は毎年のように大不況!それを乗り切る秘策とは?
  かき氷屋 埜庵のストーリー
2 無名の商品をブランド化!これがあなたの生きる道
  養豚農家 みやじ豚のストーリー
3 小さな町の片隅から世界を狙う!崖っぷちから有名店へ
  ビーサン専門店 げんべいのストーリー
4 どこよりもカッコイイ法人に!BtoBだからこそ差別化せよ
  面白法人カヤックのストーリー

第3幕 心が動けば、商品・サービスは売れ続ける(実践篇)
1 まずは最初の一歩を踏み出し、毎日続けることからです
2 「経営理念」がホコリを被っていませんか?
3 「お客様第一主義」の会社はかなりヤバイですよ
4 「志」はこうやって発見しよう
5 「志」にチャレンジする姿が感動を呼ぶのです
6 これが日本初のエコジョイメント企業の「志」です
7 「みんなを幸せにする会社」とは?
8 ブランド化こそがオンリーワンへの道ですね
9 オンリーワンになるための3つのアプローチはコレです
   ギュと絞り込もう
   見せ方、魅せ方を変えよう
   とにかく宣言しちゃおう
10 タグをつけ、ラベルを貼って、はじめてブランド化は完成します
11「ストーリー」を見つけるための10のヒント
   マイナスをプラスに変えよう
   裏側(バックステージ)を見せる
   体験を売ろう
   時間帯を変えてみよう
   お客さんに教えよう&コミュニティをつくろう
   その場で比較して、試してもらおう
   エンターテインメントを売ろう
   あえて売らない、という手もある
   社長をブランディングしよう
   手紙やニュースレターを送ろう
12 マル秘パワーアップキットを公開します
13 語り続けましょう。 変わり続けましょう。

おわりに

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う
  • 章ごとに買う