仕事術・ビジネススキルの本

会社では教えてくれない仕事のルール

会社では教えてくれない仕事のルール
カバー画像表示
著者:
長井亮
定価:
本体1280円(税別)
発行日:
2010/02/11
ISBN:
9784844370895
ページ数:
224ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレスコミュニケーションズ
立ち読みする この本のサポートページはこちら

会社の常識は非常識です!

「隣の芝生は青い」と言いますが、会社で働いていると他人の待遇、給料、出世状況を自分と比べることが増えてきます。「自分ははたして正当に評価されているのか?」「今の会社にいることは正解なのか?」と、そんな悩みを解決すべく、どんな会社でも通用する人の条件を51のルールで述べていきます。
20代は就職や自分の成長のために、30代は転職やキャリアの確認のために、40代以上の方は部下のために読んでみて下さい。

著者紹介
長井亮(ながい・りょう)
株式会社リクルートエイブリック(現リクルートエージェント)に入社。連続ギネス記録更新、MVP連続受賞など、トップセールスとして活躍後、同社史上最年少で支社長となり、支社のマネジメントを行う。その後、株式会社リクルートへの出向を経て、新規事業の立ち上げに携わる。
2009年に同社退職後、株式会社アールナインを設立。企業研修や人事・教育コンサルティングを行いながら、その傍ら、ライフワークである学生の就職活動支援を行う。これまでに1,200社を超える経営者・採用担当者の相談や、5,000人を越える就職・転職の相談実績を持つ。
主催するキャリアセミナーは、人とのコミュニケーションを通して、自身のキャリアを考えるコンテンツが好評。現在は、大学での講演、非常勤講師として教鞭を執るなど、さらにフィールドを広げ、全国で学生・ビジネスパーソン、また経営者を対象に、年間約200回のキャリア・採用に関する講演、セミナーを行う。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う
  • 章ごとに買う

もくじ

はじめに

第1章 あなたの市場価値、キャリアについてもう一度見直す
1あなたの価値は相場で決まる
2相場を読んで自分を高く売れ
3「隣の芝生」に一喜一憂するな
4キャリアの定期健診をしろ
5抽象化と強み抽出
6自分の強みから仕事を見つめなおす
7「時間がない」は言い訳に過ぎない
8年収を上げたければ、付き合う人を変えろ
9会社は頑張っている人を見捨てない
10世に出ろ、それが本当の出世だ

第2章 どんな会社でも通用する人の考え方
11テクニックよりも心を磨け
12相手の期待を裏切れ
13計画的にお金を使え
14「フツーでいい」は卒業しろ
15金・地位・評判に踊らされるな
16プロならプロとして仕事をしろ
17それは自分のせいだ
18仁義を切れ
19ネガティブと決別しろ
20チャンスは「逆張り」で掴みにいけ
21つまらない目先の利益に囚われるな
22上司をマネジメントしろ
23モノゴトの裏側を見抜け
24嫌いなやつを好きになろうとするな
コラム「世界人材流動化計画」の野望

第3章 どんな会社でも通用する人の仕事の習慣
25社交辞令はもうやめろ
26「○○師匠!」と呼べ
27今をマーケティングし、半歩先をイメージしろ
28自分のパラメーターを把握しろ
29「本日のおすすめ」は頼むな
30即答できるようにしておけ
31相手の記憶に残る心遣いを見せろ
32素早く、誠実に、マナーを守れ
33名刺はまず会社の中で配れ
34名前を呼んで距離を縮めろ
35怒られても引きずるな
36新しいものに食いつけ
37人と話せ、意見を聞け
38ホラを吹け

第4章 これだけは徹底して欲しいポータブルスキル
39意識を張り巡らせろ
40ゼロベースで考えろ
41「私の仕事は日本経済に大きな影響を与えております」と言え
42仕事は自分で面白くしろ
43あたりをつけろ、確認しに行け
44チャンスを待つな
45オリジナリティなど求めるな
46思考ではなく志向しろ
47素直になれ、ただし従順になるな
48想像しろ、空気を読め
49キャッチフレーズを持て
50必ず反省しろ
51徹底的にパターン化しろ

さいごに

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う
  • 章ごとに買う