自己啓発の本

リスクを取らないリスク

リスクを取らないリスク
カバー画像表示
著者:
堀古 英司
定価:
本体1450円(税別)
発行日:
2014/9/16
ISBN:
9784844373759
ページ数:
224ページ
サイズ:
四六判(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

半沢直樹のモデルの1人?!が書いた、お金、キャリア、人生、日本で生きていくためのアドバイス


あなたは、何もしないことこそリスク回避だと考えていませんか? 政治でも経済でも新しいことをはじめるのにとてつもなく時間がかかる国、日本。職業、保険、年金、家の購入など日本でこれからも生きていくには様々なお金に関する知識が必要です。ニューヨーク、ウォール街で働くファンドマネジャーが、これからも日本で生きていくなら知っておきたい「リスクの考え方」「お金との向き合い方」「お金で買えないものの話」をお伝えします。


著者紹介
堀古 英司(ほりこ・ひでじ)
ニューヨークに拠点を置く投資顧問会社、ホリコ・キャピタル・マネジメントLLC最高運用責任者。東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)為替資金部ドル・円ディーラー、部長代理、同ニューヨーク支店バイス・プレジデントを歴任した後、ニューヨークにてファンドマネジャーとしてヘッジファンドの運用に携わる。関西学院大学経済学部卒、ニューヨーク大学大学院(ビジネススクール)にて金融を専攻、経営学修士(MBA)。2006年、アメリカで最も優れたアジア系ビジネスマン50人の1人として、アジア・アメリカ・ビジネス賞受賞。テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」「ワールドビジネスサテライト」をはじめ、テレビやラジオに多数出演。日本シニアアメリカンフットボール協会に加盟するチーム2“LEGENDERS”に所属する現役アメフト選手。


書評・掲載情報
2014.9.21「ビジネスブックマラソン」にて紹介いただきました!
2014.12.13「フジサンケイビジネスアイ」の「著者は語る」にて紹介いただきました!
2015.1.22 テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」にて紹介いただきました!
2015.4.28「flier」にて紹介いただきました!
  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

はじめに
目次
第1章 リスクに関する3つのルール
リスクとは何か
リスクにはルールがある!
投資家はギャンブルが好き?
世界で一番リスクを避けたがる国、日本
うまい話には裏がある
リターンの大きさはライバルの数で決まる

第2章 リスクの担い手がいないとどうなるか 
アメリカ金融危機の例
もし保険会社がなかったら
リーマンの次に破綻するのはどこか?
金融危機に必要だったもの
失敗したときは政府が救済してくれる?
アメリカ政府が出した結論
金融危機で何が起こったのか
リスクの担い手がいないと経済は成り立たない

第3章 「リスクを取らないリスク」の例 日本の金融政策
アメリカと日本の中央銀行は使命が違う?
2008年から明らかだった日本のリスク・円高
円高が日本にもたらす問題
リスクを取らなかったことが大きなリスクに発展
なぜお金の量が少ないと景気が悪くなるのか?
金融危機が「輸出」された日本が取るべきだった策
日本に足りない「リスクを取らないリスク」という考え方
「リスクを取らないリスク」の結果

第4章 想定されるリスク 日本の更なる資本主義化
なぜ経済成長は必要なのか?
経済の前提その1:人間は弱いもの
経済の前提その2:人間はリスクを回避したがるもの
人類が生み出した知恵、資本主義
資本主義は嫌い?
なぜ社会主義ではダメなのか
資本主義の問題点

第5章 想定されるリスク 広がる格差
なぜ給料が上がらないのか?
アメリカでの格差問題
なぜ格差は発生するのか?
格差の何が問題なのか?
難しい格差解消策
有効な格差解消策は?
なぜ今後も格差が広がるのか

第6章 想定されるリスク 進む円安
円高の時代は終わった
為替の変動要因①:経常収支
為替の変動要因②:日米金利差
アメリカの金利は今後どうなる?
日本の金利のゆくえ
「何もしないことが正解」の時代は終わった

第7章 想定されるリスク 年金カット
年金制度は詐欺と同じ仕組み?
年金問題を解決する方法
GPIF改革を考える
ノルウェーの年金基金
日本で運用の積極化はムリ?
年金問題、最後の手段

第8章 リスクを取る前に
リスクを取る前に重要なこと
生命保険は必要?
あなたの生命保険にムダはないか?
考えられるリスクと保険
住宅に関するリスク
住宅購入における4つの注意点

第9章 お金でできる「リスクを取らないリスク」対策
どうやってリスクを取るか?
リスクに見合うリターンが提供されているか?
リスクを取る対象は株式
株式投資に適した国
日本の株式市場が抱える問題点①:株式会社は誰のもの?
日本の株式市場が抱える問題点②:閉鎖性
日本の株式市場が抱える問題点③:不透明性
アメリカの株式からはじめよう
アメリカの株式はリスクに見合ったリターンが提供されているか?
リスクに見合うリターンが提供されていない状態を見付ける方法
株式は長期が有利な理由
何に投資すべきか

第10章 お金でできない「リスクを取らないリスク」対策
キャリアを考える
「好きなことをやる」とは?
「他人ができないこと」をやる
お金で買えない「信用力」
お金で買えない「体力」
お金で買えない「胆力」
お金で買えないもの

終章 実行
実行というハードル
頭をよぎる「リスクテイクが失敗したら……」
「リスクを取らないリスク」は大きい

おわりに

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う