自己啓発の本

脳のコンディションを良くする88 の挑戦

脳のコンディションを良くする88 の挑戦
カバー画像表示
著者:
内田伸哉
定価:
本体1100円(税別)
発行日:
2015/12/21
ISBN:
9784844374480
ページ数:
208ページ
サイズ:
B6変形(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

頭と気分を即効リフレッシュ! Yahoo!クリエイターの発想力を鍛える生活


最近、なにか新しいことをしましたか? 「 起きて、仕事に行って、寝る「」起きて、仕事に行って、寝る」……。 忙しいとついついそんな単調な毎日を過ごしてしまいがち。 しかし、仕事での斬新なアイディアや、日々の活力は、 意識的に日々の習慣を変化させ、脳に刺激を与えることで生まれます。 本書では、Yahoo! のクリエイターが発想力を鍛えるためのエクササイズを紹介。 「異性のパンツを履いてみる」「1つのことだけやる日を作る」「いつもと違う道で帰ってみる」といった、 ちょっと勇気がいるものから今すぐできるものまで、 さびついていた脳をリフレッシュさせるアイディアが詰まっています。


著者紹介
内田伸哉(うちだ・しんや)
慶應義塾大学院理工学研究科卒。
電通を経て現在ヤフー株式会社クリエイティブ推進部部長 兼 ブランドマネジメント室室長。
コピーライター・マジシャンとしても活動し2010年に発表した「iPad magic」は文部科学大臣賞を受賞。CNNやウォール・ストリート・ジャーナルなどの海外メディアをはじめとした100以上の電波・紙媒体に露出。
以降、Googleや米SXSWなど世界中で講演活動を行う。また、インターネットを主軸に置いたコミュニケーション・コンサルタントとしても活動し、企業や地域のブランディングや広報を手掛ける。
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科「企画デザイン論」非常勤講師。著書に『企画に年功序列は存在しない』『年収があがるしゃべり方。』(クロスメディア・パブリッシング)、『プレゼンのアイデアノート51』(東洋経済新報社 )他。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

はじめに

Chapter1 脳の想像力を鍛える
001 800文字で小説を執筆する
002 異性のパンツを履いて過ごす
003 落書きや楽譜を写経してみる
004 大きな奇声とともに狂い踊る
005 コスプレをしてコミケに行く
006 アイデアを100出してみる
007 オリジナルプレゼントをつくる
008 YouTubeに動画をあげてみる
009 JavaScriptをやってみる
010 普通の言葉をエロく変換する
011 テレビの企画をすべて書き出す

Chapter2 脳の未使用部分を使う
012 いつもと違う道で帰ってみる
013 知恵袋や発言小町に投稿する
014 ネットで小遣いを稼いでみる
015 他言語で自己紹介文をつくる
016 最も避けていたものに挑戦する
017 利き手とは違う手で絵を描く
018 自分の命日がいつかを考える
019 わざと辛い状態に自分を置く
020 未対面の人に手紙を書き送る
021 ドライな人を演じて頭を回す
022 本書の中で一番嫌なことをやる

Chapter3 脳の仕事力を高める
023 13文字の日記を30日間続ける
024 思い切って会社を辞めてみる
025 戦時中なら何をするか考える
026 24時間365日洗脳をする
027 身銭を切って何かをする
028 海老名のPAで人間観察する
029 〆切を細かく区切り作業する
030 音楽を流しながら仕事をする
031 友人にギリギリの依頼をする
032 ニュースの表題を考えてみる
033 TV・雑誌などのメディアに出る

Chapter4 脳のキャパを増やす
034 大成功した姿を想像してみる
035 普段食べないものを食べに行く
036 タクシーの運転手と会話する
037 理想が何かを明確に書き出す
038 コンテストや大会に出場する
039 一段レベルが上の人と夕食へ
040 興味がある事の世界一を探す
041人が一番好きな映画を見る
042 無料にできるものを探索する
043 LINEで友人らに相談する
044 まず頭の中を文字に吐き出す

Chapter5 脳の思考力を高める
045 空の上から自分を俯瞰でみる
046 1000円で豪遊してみる
047 自分の課題感を10個吐き出す
048 2倍仕事を捌く方法を考える
049 有名なものを避けて1日過ごす
050 自分の意見の揚げ足を考える
051 小中学校の教科書を読み返す
052 同じ発見をした人を探しだす
053 成功者の成功直前を想像する
054 ポイントを3つに絞ってみる
055 基本ルールをひとつ無視する

Chapter6
056 好きなことを箇条書きする
057 部屋の壁で逆立ちをしてみる
058 1日中TVもネットもしない
059 ゲームを1本買いクリアする
060 罪悪感が出るまで遊び続ける
061 一番怖いと思うものを書き出す
062 ネットを使わず物を調べる
063 本屋に行き20冊の目次を読む
064 今できることを選択肢にする
065 「仮に」を繰り返して考える
066 1日中水だけで過ごしてみる

Chapter7 脳の集中力を強化する
067 偉人ならどうするかを考える
068 大失敗した姿を想像してみる
069 何かと何かを混ぜて物を作る
070 大学や専門学校に通ってみる
071 1つのことだけやる日を作る
072 一番注目の物をネットで探す
073 TEDに出るテーマを考える
074 一番重要なものを省いてみる
075 本音しか言わない縛りをする
076 1週間だけ予定を2倍詰める
077 今年できる法律を考える

Chapter8 脳をやわらかくする
078 1日1つスキルを身に付ける
079 自分の色を決めキャラを作る
080 世界一悲惨な出来事を考える
081 売れる本のタイトルを考える
082 自分の周りの人を褒めてみる
083 質疑応答で1番に手をあげる
084 伊達メガネを買いに出かける
085 新しい友人を作る努力をする
086 有名人や女優を口説いてみる
087 誰の人生が理想に近いか探す
088 東急ハンズの全フロアを回る

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う