自己啓発の本

仕事は人間関係が9割

仕事は人間関係が9割
カバー画像表示
著者:
宮本実果
定価:
本体1280円(税別)
発行日:
2016/8/1
ISBN:
9784844374855
ページ数:
176ページ
サイズ:
188 x 130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

本音を言い合えると、もっとシンプルに働ける。


産業カウンセラーが教える信頼関係の作り方とは?


産業カウンセラーとして開業して、10年目。これまで、6,000件以上のパーソナルセッションの実績。その他に社員研修、個人研修、企業内における個人面談、WEB相談などを合わせると、8,000件ほどのビジネスパーソンの悩みを、解決までサポートしてきました。


 


相談内容を振り返ってみると…。


・上司からのムチャぶり
・部下からの反発
・同僚からの嫉妬
・取引先からの突然のクレーム
・異性とのこじれた恋愛


なんと、相談内容の9割が、人間関係での相談でした。
要するに、“自分にはコントロール不可能の他人"に“なりたい自分になること"を足止めされるというわけです。


 


一般的に、自己啓発セミナーや書籍では、問題解決に対して、よくこんなメッセージを発信しています。


「とらえ方の問題です。怒りをおさえましょう」
「転職しましょう、起業しましょう」
「あなたは自分のすべてを受け入れて、自由になりましょう」
「あなたは、何も間違っていません」


しかし、私はこのような言葉をクライアントに対して、優しく語りかけたことはありません。


なぜかといえば、それでは「その場しのぎ」の納得しか生まないからです。


嫌いなあの人を悪者にして、自分を納得させても、その人から離れようと、これからの人生・新しい場所でまた別の嫌な人が現れるでしょう。


そのたびに悩み、この先も大変な思いをするのでしょうか?
常に新しい場所を探さないといけないのでしょうか?


結局、問題から逃げている限り、根本的な解決にはならないのです。


 


本書では、これらの問題に立ち向かうためのスキルを紹介します。


▶ 一緒に働く人、会社、環境を選ばずに、自立して働けるようになる「信頼関係構築スキル」
▶ 自分の新しい可能性が見つかる「ジョハリの窓と自己分析」
▶ 相手が誰でもクリアな説明ができるようになる「自己紹介スキル」
▶ 何度言っても変わらなかった人が、少しの力で劇的に成長する「傾聴スキル」
▶ 自分の能力・人柄を正当に認めてもらえるようになる「ノンバーバルコミュニケーション」
▶ 誰にも邪魔されない、理想的な仕事の進め方ができる「本音コミュニケーション」


こうした段階を踏みながら、ストレスなく、かつ簡単に成果が出せる「誰とでも本音でつきあえるビジネスコミュニケーション」を身につけていきましょう。


著者紹介
宮本実果(みやもと・みか)
MICA COCORO代表 産業カウンセラー
1975年1月生まれ。会社員歴と産業カウンセラー歴がともに10年。キャリアは専門学校職員、フリーアナウンサー、鉄道企業本社広報、団体職員、人材開発コンサルタント。フリーアナウンサー時代は、ラジオ・TV、TVCMソング、ナレーション、イベントMCなど多数実績あり。鉄道企業広報勤務の時に人材マネジメントに興味を抱き、大学へ編入学・卒業。2006年(一社)日本産業カウンセラー協会産業カウンセラー取得。人材開発コンサルタントを経て、2007年6月、MICA COCOROを開業。パーソナルセッションでは6,000件以上、セミナー講師、WEBサイト相談、大学生のためのキャリアセミナー、社員研修、個人研修などを含め、のべ8,000件以上の実績がある。2015年よりビジネスパーソンに向けた「知る・学ぶ・通用する」スキルを社外で学ぶ「Next Stage Project」を立ち上げ、プロデュースも行う。また、母校の大学にて「産業カウンセラーのキャリアの活かし方」特別講演も実施。様々な視点を持ち続けるため、大学院生(MBA)としても在学中。自らが学び続けることの重要性を体現している。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

はじめに

序章「先生、僕はつい、みんなから 好かれたいって思ってしまいます!」
  「好かれる人よりも、 信頼される人の方が魅力的です」

Ⅰ結局、ビジネスパーソンは何に悩んでいるのか?
 重要なのは、信頼されるコミュニケーションスキル
 嫌われたくない気持ちが引き起こす2つのパターン

Ⅱ仕事も会社もずっとあるものだと思う時代は終わり
 あなたの上司はずっと会社にいるのか?
 ビジネスにおける対人関係は本音がキーワード
 本音を言うということの重要性を考える
 安全な組織の中で働くためには

Ⅲ「知る・学ぶ・通用する」の3ステップ
 信頼されるビジネスパーソンになれる3つのスキル
 本書は、体感型スタイルで展開します

Column 産業カウンセラーの心得
3つの「きく」

1章「先生、上司が私の考えを認めてくれません!」
  「問題点を見つめて、理由を探ってみましょう」

Ⅰ自分の問題点はどこにある?

Ⅱ仕事のコミュニケーションは成果を出すためにある

Ⅲ独りよがりになっていないか?

今日の研修テーマとフィードバック
ビジネスコミュニケーションを知る

Column産業カウンセラーの心得
共感的理解

2章「先生、やりたい仕事をなぜだか 任せてもらえません」
  「伝え方をグレードアップすれば きっと説得できますよ」

Ⅰ自分のズレはどこにある?

Ⅱビジネス自己紹介の効果
 なぜ、自己紹介スキルが大切なの?
 ビジネスで必要な自己紹介とは?
 ジョハリの窓でビジネスシーンのレベルを上げる
 ジョハリの窓 4つの窓の領域
 自己紹介のグレードアップで100倍伝わる人になる
 Ⅱ・Ⅲを意識したBさんの自己分析
 Bさんの自己紹介をグレードアップ

Ⅲビジネスに強い自己紹介スキル
 キャリアの棚卸でビジネス自己紹介を完璧に仕上げる
 自分でも気づかない3つの関連性
 プレゼン前に使いたい相手が聞いてくれる自己紹介

今日の研修テーマとフィードバック
自分は何がズレているのかを考える

3章「先生、イライラした人と話すと 僕まで引きずられてしまいます」
 「話の聴き方を工夫すると、 冷静に対処できますよ!」
Ⅰ自分が発信していることは 相手が求めていることなのか?
 部下の考え方や行動が理解できない
 価値観が違う相手と話す × 感情の上乗せ

Ⅱ人は昨日とは違うテンションで今日を生きている
 価値観を押し付け合うのではなく成果を出す

Ⅲもっと自分のことを正しく理解して欲しい
 ビジネスシーンで効果的な傾聴スキル
 説得力より納得感。心が動けば数字も動く
 現状を変えたいから悩んでいる
 お互いに問題を共有し解決することが成長となる
 ビジネスパーソンが使いたい傾聴技法
 効果的な質問方法

今日の研修テーマとフィードバック
価値観の違いを理解して相手と向き合う

4章「先生、言葉を尽くしているのに ぜんぜん伝わりません!」
 「それなら、言葉以外を磨いてみませんか?」

Ⅰノンバーバルコミュニケーションとは?

Ⅱ仕事を頑張っているのにうまくいかない原因とは?

Ⅲなぜ、自分にふさわしいキャリアが構築できない?
 効かせる話し方
 ビジネスで大切なのは、成果が出る話し方
 お互いに効かせる話し方になっていない

今日の研修テーマとフィードバック
ビジネスに必要なノンバーバルスキル

Column産業カウンセラーの心得
自己一致状態


5章「先生、この先も仕事のことばかり 考える人生なのでしょうか」
  「楽しいと思える人生の中に仕事があるんです」

Ⅰ自分らしく本音で生きる。 だから仕事は人間関係が9割
 本音を言うとキャリアに何が影響する?
 「失うもの予測」より「未来予測」ができているか?
 本音を言えない = 理想のキャリアを構築できない
 個人のキャリア形成は組織にとっても重要なこと
 本音はプラスの連鎖を生み出しつづける
 安定したパフォーマンスを発揮する上司とは
 信頼関係構築による理想のチームとは?

Ⅱ仕事が楽しくなると、結局、人生が楽しくなる
 仕事は人間関係が9割。残り1割は何か?
 本音を言って後悔しない人生を
 仕事が楽しくないと心から笑えない?
 仕事の人間関係はビジネスパーソンの成長に直結

今日の研修テーマとフィードバック
本音で向き合うことの意味を理解する

Ⅲこの3か月間をみんなでフィードバックしよう
 仕事の人間関係の主な3つの問題点
 初回の4人の悩みと、研修ごとの気づきと変化とは?
 研修生4名とディスカッション

おわりに

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う