マネジメントの本

そこまでやるか、をつぎつぎと。

そこまでやるか、をつぎつぎと。
カバー画像表示
著者:
伊早坂嗣
定価:
1628円(本体1480円+税10%)
発行日:
2021/5/21
ISBN:
9784295405276
ページ数:
208ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

隈研吾氏、長谷川裕也氏との対談収録! モノづくりで世界を変える。包装機業界のリーディングカンパニー、「川島製作所」のモノづくりの信念とは―?


1912年(明治45年)に創業した川島製作所は、食品や薬剤等の製品を包装する
「包装機」製造の先駆けとなる企業です。
大手食品メーカーのポテトチップスなどのスナック菓子や冷凍食品、おむすび等、
数え切れないほどの商品を包装機でパッケージングしています。
そして創業から100年以上にわたって、包装機業界をリードしてきました。

私たちの身近にある、お菓子や冷凍食品、薬剤やマスクといったさまざまな商品は、
全て何かしらの袋でパッケージングされているはずです。
もしも、その袋がなかったら、中身は汚れてしまったり、破損してしまったりする可能性が高いでしょう。
それに、食品の場合、保存性が高いものを除けば、傷んでしまい商品になりません。
つまり、私たちが日々の生活で安心して買い物ができるのも、包装あってのものなのです。
私たちが包装なしで購入できるものは、一部の野菜や果物、衣服、新聞など、ごく一部に限られます。

川島製作所が目指すことは、一つは、「モノづくりで世界を変える」こと。
そしてもう一つは、その目標達成に向けて、当社を「仕事を通じて世界を変えたい、ワクワクしたい」
と考える、アクティブな人材が集う企業にしたい―ということです。
いま、仕事を通じてさまざまなチャレンジができる環境を求めているみなさんに、
「こんな企業もあるのか」と興味を抱いてもらい、一緒に働いてみたいと思っていただきたい。
川島製作所は引き算の美学を重視しており、包装機も、余分なものや機能が一切ない機械が
「美しい機械」であると考えています。

ぜひ、本書で川島製作所の仕事にかける情熱を感じ取っていただければと思います。
製造業で働く方はもちろん、モノづくりに関わるすべての人に読んでほしい一冊です。

著者紹介
伊早坂嗣(いそさか・あきら)
株式会社川島製作所 代表取締役社長。1959年生まれ。日本工業大学卒業。1982年に株式会社川島製作所入社。技術部門や開発部門にて、
顧客のニーズを汲み取った包装機の設計・開発に奔走。2016年の社長就任後は「人間大事」の思想をベースとした会社経営を行い、従業員との豊かさの共有を目指し、日々改革を進めている。2019年には「そこまでやるか、をつぎつぎと。」を新たな企業理念として掲げる。包装機業界のパイオニアとして成長してきた川島製作所のさらなる発展のため、自身の想いと経験を若手社員へと伝えている。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

[対談]隈研吾 氏
「モノづくりの未来」を担う人たちへ
~正解のない世界だからこそ、モノづくりは面白い~

プロローグ
モノづくりで世界を変える

第1章 川島製作所100年の伝統。“挑戦”し続けてきたDNA

第2章 “包む”モノづくりでオンリーワン企業に。そして、世界を変える

第3章 “包む”企業の概念を塗り替える。これからの100年へ

[対談]長谷川裕也 氏
固定観念に囚われない思考が新たな価値を生む
~川島さん、「包装しない包装」ってできますか?~

第4章 ワクワク&かっこよく働くための19の言葉

エピローグ
行動だけが世界を変える

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う