自己啓発の本

東京藝大美術学部 究極の思考

東京藝大美術学部 究極の思考
カバー画像表示
著者:
増村岳史
定価:
1628円(本体1480円+税10%)
発行日:
2021/6/1
ISBN:
9784295405344
ページ数:
256ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

もはや「ロジックの積み重ね」だけでは社会が行き詰まり、
将来も不安で、モノが売れず、人も育たない……。
そんな答えのない時代に最重要な「問う力」を育むヒントとして、
東京藝術大学の美術学部を取り上げたのが本書です。

▼ とことんまで「自ら考える」ことを実践する唯一無二の存在

ダニエル・ピンクが「MFA is New MBA」と題した論文を発表したのは2004年。
いま欧米だけでなく日本でも、若手のビジネスパーソンの間で、MBAのように
「MFA(Master of Fine Arts=美術学修士)」への注目が高まっているといいます。
稀少価値があり、かつ現代のビジネスにおいては、
その専門性を活かしてハイパフォーマンスを発揮できるため、
高額なギャランティをもって迎えられることも多々あります。

アートを学ぶことは、言い換えれば「自分ごと化」を突き詰めることであり、
とことんまで「自ら考える」ことが基本になります。
だからこそ、行き詰まりを打破する力を持ちます。
そして、まさにそれを実践している唯一無二の学び舎が、東京藝大美術学部なのです。

通常は似たような偏差値の「似たような学力・思考様式の人々」が集う日本の大学の中で、
同大学の美術学部は特異な存在です。1浪・2浪は当たり前で、40代・50代の学生も見られます。
偏差値でいえば40台から70台までが一堂に会し、競争倍率も日本の大学の平均を大きく上回っています。

入試においても「この学生の思考力・表現力はどのくらいで、どこまで伸びそうか」を見定め、
学生一人ひとりが個性的でユニークな同学部は、「究極のダイバーシティの教材」ともいうべき存在。
社会やビジネスを考える上でも、これからの最重要項目の一つともいえる「多様性」を尊びつつ、
徹底的に思考力を育み、いまや多くの企業も熱い視線を注ぐ同学部の「ユニークさの源泉」は
どこにあるのでしょうか。

「アート」と「ビジネス」の接点を追究してきた著者が、東京藝大美術学部の数多くの卒業生や
現役学生・教員などにインタビューを行いつつ、その秘密に迫るのが本書です。

著者紹介
増村岳史(ますむら・たけし)
消化器外科医、ヘルスコーチ。1973年、名古屋市生まれ。1997年、名古屋大学医学部卒。国立がん研究センター中央病院で大腸がん外科治療のトレーニングを受ける。その後、名古屋大学医学部附属病院、愛知県がんセンター中央病院、愛知医科大学病院に勤務する。2018年から予防医療を行うヘルスコーチとしての活動を開始。腸内環境の改善法、薬に頼らない健康法の普及を目的に、メールマガジン、YouTube、Instagram、Facebookなどで知識、情報を分かりやすく発信している。Dr Ishiguro YouTube チャンネル登録者数は13万人(2021年5月現在)。

https://www.youtube.com/c/guroguro114

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

はじめに

序章 偏差値教育を「越境」した人たちが集まる唯一無二の大学
出身高校の偏差値で40~70台までが集う日本で唯一の最高学府
アートを学ぶことは「自分ごと化」を突き詰めること
重要なのは「本質的な思考力」
アート思考・デザイン思考はビジネスツールだけではもったいない/本書の構成について

第1章 究極の思考力入試―問われるのは、「自分」とは何か?
そもそも「美大を目指す」というのはどんなことか
バラエティ豊かな合格者、志望者のバックグラウンドもさまざま/1浪、2浪は当たり前

対策の立てようがない、「傾向」のない超難関入試
過去の入試問題はどんなものか/「出題意図」を読んでみる/多浪生が多い理由と、入学年度によって異なる学生のキャラクター

入試から読み解く東京藝大の視点① 「考える」とは何か?
文学部を卒業後に実践を学びたくなり受験を決意/絵を描く時間と同じぐらいの時間を読書に費やし合格/藝大生と一般大学生との違いとは?

入試から読み解く東京藝大の視点② 「自分の表現」とは?
中2の時点で藝大受験を決意/そして、いよいよ受験本番/落ちたら死ぬ―必死のリベンジへ/合格後の自己分析

入試から読み解く東京藝大の視点③ 「感じとる身体性」とは何か?
勉強嫌いの少年はなぜ、藝大を目ざしたのか?/「やんちゃ」な中学生に先生がすすめてくれた進路/美術科高校というカオスで、文武両道ならぬ美武両道を追求/デッサンをする意味とは?/「上手い絵」ではなく「目立つ絵」を描く/かつてない屋外での2次試験、しかも会場は……/過酷な試験最終日/答えが用意されているものに興味が湧かない/考えるよりも感じろ

第2章 何を教わり、何を学ぶのか―ひたすら考え、カタチにしていく4年間
「自己の表現」をひたすら追求していく絵画科油画専攻
入学後の課題は、半年をかけての「毒抜き」と上手い絵からの脱却/ダイバーシティ&インクルージョンな“場”/とある教授の毒のある入学スピーチ「卒業してから地獄が待っている」/卒業単位の7割は実技、作品そのものが単位/破天荒な課題

複数の学科・専攻の学生が学ぶユニークな科目
ユニークな共通科目その1 美術解剖学/ユニークな共通科目その2 古美術研究旅行/多くの学生が絵を描かないで(?)卒業する油画専攻/油画専攻と対極に位置する絵画科日本画専攻

モチーフをリアルに描写する力で合否が決まる日本画専攻
受験デッサンを捨てろ―日本画専攻の場合/日本画の「守」/日本画は矛盾の塊!?/保守的な世界だからこそ生まれるイノベーション/画像を描く意味

何を教え、何を教えないのか―東京藝大名誉教授・佐藤一郎さん
入試は「受験生と大学側との闘い」である/「見守る」という教育方針/テクノロジーが発達すればするほど「手仕事」がより大切になる

第3章「学び」と「気づき」をビジネスに活かす卒業生たち
アーティストからビジネスパーソンへとキャリアチェンジを行った卒業生たち

テクノロジーとアートを統合する経営者の原点は学生時代に―株式会社メディアギルド代表取締役・坂本博史さん
1浪する予定だったのに現役で合格してしまった/プロデュース活動で多忙な「作品を作らない」藝大生/「藝大始まって以来の快挙」を実現/アートの世界から一転、システムインテグレーターの世界へ/入社10年目でのリストラ体験/起業と会社の展開/「キャリアの賞味期限」という考え方

建築科に学び、会社員や起業を経て熟成した非連続キャリア―丸尾経営教 研究室代表・丸尾聰さん
大学院に入学直後に参加させられた「取り壊し反対運動」からの学び/五感で感じる“実測”という授業/建築デザインは論理と時間の設計が重要/建築こそ、アート(芸術)とロジック(論理)の融合/経営コンサルティング会社での3つの気づき/新たな事業分野を立ち上げて起業に至る/シンクタンクの立ち上げメンバーの一員に/リサイクル産業を創出する/のべ500社の新規事業創発に関わったユニークな手法とは?/「広義のデザイン」の実践・先駆者として/非連続キャリアの原動力となる力とは?

助手、アーティストを経て保険会社のトップ営業へ転身―ソニー生命保険シニアライフプランナー・玄 昌國さん
苦学を経て藝大に入学し、助手を経て彫刻家となる/未練なく彫刻家を辞め、ライフプランナーに転身/トップセールマンでありながら問題児/才能の定義/仕事の純度を上げるということ/見ようとしないと何も見えない/重層的な思考と単層的な思考/家庭教育の希薄化で思考が単層化してしまっている/何事も、感じて考える態度(アティチュード)が重要

第4章 これからは「アートフルな人材」が日本を引っ張っていく  
今の高校生に最も欠如しているものとは?
美術科の高校生は目が輝いている!/自らSTEAMを実践するアートフルな高校生/退路を断たなければならない藝大受験

海外の美大入試はどんなものなのか
イギリスのアート教育と美大入試/アメリカのアート教育と美大入試/燃えたぎるような内的モチベーションを引き出すために/思考の重層化と自身の態度(アティチュード)

アートが持つ理力(フォース)
①言語と非言語、具象と抽象を網羅する理力/②好奇心を持ち、問う理力/③熱狂的に没頭できる理力

おわりに 芸術家を活かせない国に未来はない

参考文献

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う