自己啓発の本

バカのための思考法

バカのための思考法
カバー画像表示
著者:
浅村正樹
定価:
1628円(本体1480円+税10%)
発行日:
2021/11/1
ISBN:
9784295406105
ページ数:
224ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

自分は「バカ」であると認識すると、新しい世界が開かれる。ニュース・事件の深層を巡りながら、バカなりに考える方法!

本書で言う「バカ」とは「IQが低い人」ではない。むしろ、IQが高い人たちではあるのだが、
ある特定の思想に凝り固まるバカであったり、物事を表面的にしかとらえない浅はかな人を
「バカ」と読んでいる。故に「バカ」は、「自分はバカである」という認識さえできれば、
その「バカ」から脱出は可能だ、ということから本論は始まる。

本書はそんな「バカ」のための思考法として、いま世界で起きている大きな問題を
考えてもらうために「教育」「世界」「隣国」「情報」「感情」というカテゴリーを設け、
直近の大きなニュースキーワードとして、GAFAM、米国大統領選挙、日本の借金、マスコミ、
憲法改正、二極化、中国、思考停止、社会主義、牛乳などともに、思考を巡る冒険をしたい。

著者紹介
浅村正樹(あさむら・まさき)
情報空間コーディネーター・YouTuber。1978年岡山県生まれ。会社員時代は人材育成やチームビルディングで成果を挙げ、その経験と心理学や脳科学、量子物理学をベースとした独自のマインドコーチング「SATORISM」を生み出す。2020年に独立し、SATORISMに基づく情報空間書き換え術や多次元視力開眼秘法を使った企業コンサルティングやパーソナルコーチングを行っている。自身の動画チャンネル『SATORISM TV』では世界情勢の裏側や真相を独特の考察で深掘りする解説が大好評。「観るだけで頭が良くなる動画チャンネル」として視聴者から熱い支持を得ている。現在『SATORISM TV』はニコニコ動画を中心に展開している。インディーズでロックギタリストとしても活動している。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

バカの壁脱出テスト
バカのための常識クイズ①
バカのための常識クイズ②
バカのための思考テーマパーク 案内状

プロローグ
かつて私も「バカ」だったが、バカバカしくなって「バカ」をやめてみた! 〜「バカ」はやめられる〜

第1章 「思考停止」という快楽に溺れるバカな俺たち―[教育]
なぜ学校の授業では、近現代史の時間が足りないのか?
GHQがやって来た!
アメリカ人が創ってくれた「日本国憲法」
GHQの教育改革〜墨で塗られた教科書〜
どうして学校の給食は、毎日牛乳を飲まされるのか?
目的思考で読み解くアメリカの「パンと牛乳」戦略
「正しく解答する」ための詰め込み偏差値教育は、日本人のあるべき姿か?
あなたの思考や価値観はマスコミが創っている
他人思考・他人価値観は気持ちいい
教育が創り上げた社会主義先進国「右倣へ、日本」
【思考法のヒント①】

第2章 ニュースから、この世の構造を知る―[世界]
「漠然とした不安」じゃ物足りない
基本的に私たちは全員ネガティブ思考
ハッシュタグ検索で、あなたの世界観は狭くなる
「天気予報」と「プロ野球の結果」だけは信じてやれ
テレビは逆様で眺める
「日本の借金問題」を問題視するという日本の問題
「日本人は平和ボケしている」と全員が思っている問題
所詮どっちも陰謀論
「思考停止」が生み出す怪物
真実のニュースはない、真実は自分の頭の中で組み立てるもの
【思考法のヒント②】

第3章 アメリカ大統領選挙に見る、人類の二極化―[隣国]
2020年アメリカ大統領選挙と別世界の隣人
不正選挙が招いた「陰謀論」
いつ、「世界緊急放送」は始まるのか?
二極化していくユーチューバーと視聴者
動画のコメント欄で遭遇した「別世界の隣人」
「大丈夫です。水面下ではトランプが勝っています」症候群
シンプル・イズ・デンジャラス
トランプに一喜一憂するな、それより自分の人生を生きろ
本当ならトランプの復活は不可能だ
なぜ隣人は別世界にいるのか?
【思考法のヒント③】

第4章 超管理型社会主義体制の近未来、ビッグデータを独占するGAFAM―[情報]
圧倒的な時価総額を誇るGAFAM
すでに人類の大半はGAFAMの支配下にある?
SNS企業は何屋さんなのか?
SNSの驚異的な情報統制力
ミッションは「人々に考えさせない」こと
見えない脅威を与えられて、羊たちは飼い慣らされる
すでにこの世は「人間牧場」だ
超管理型社会主義体制が世界を席巻する
世界の覇権は米国か中国か、それとも―
2025年、多くの羊たちは消える
【思考法のヒント④】

第5章 バカを脱出するための思考法―[感情]
世界を一変させたコロナパンデミックとは何か?
私たちはコロナパンデミックと向き合えているのか?
私たち自身が創造したコロナパンデミック
私たちはネガティブな情報こそ信じてしまう
何も考えずに生きていられるのは、誰かが考えているから
人生において自分の代わりはいない、だから自分をもっと知るべき
人生の大半は自らの反応でできている
言葉を選べ! 言葉によって人生の質が決まる
原因論から目的論へと人生の舵を切れ
心が先で現実が後
【思考法のヒント⑤】

エピローグ
超納得の人生を生きようぜ

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う