仕事術・ビジネススキルの本

アイデアは図で考えろ!

アイデアは図で考えろ!
カバー画像表示
著者:
アーロン・ズー
定価:
1848円(本体1680円+税10%)
発行日:
2021/11/1
ISBN:
9784295406150
ページ数:
248ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

たった1つの「図」から 100個の「アイデア」が生まれる!


MBAで事業のセオリーを学び、電通で新規事業を生み出している著者が教える、
アイデアを発想し、具現化し、お金に変えるノウハウ!

テクノロジーの発達やデジタル化によって、業界の線引きがなくなっている現在、
「アイデア」は、全てのビジネスパーソンにとって必要不可欠な要素と言えます。
大企業では今まで以上に新しい価値を創出していくことが求められ、
中小企業では新しい領域で事業を大きく成長できる可能性が増えています。
そして、その源泉となるのが「アイデア」です。
では、いったいどうやって「アイデア」を生み出せばよいのでしょうか?
著者は、「アイデアを作るにはセンスがいりますか?」という質問に対して、
答えは「ノー」だと述べています。

アイデアの9割以上は
「セオリーのインプット」と「ロジカルなアウトプット」によって生まれるのです。
「セオリーって何の?」「ロジックってどのような?」と戸惑う人がいるかもしれませんが、
本書は、この2つをわかりやすくマスターできる流れになっています。
シンプルな「図」という道具を活用して、アイデアを生み出すための
「クリエイティブ思考」からビジネスに必要な「事業開発のセオリー」を
誰もが身に付けられる内容です。新しいビジネスを作りたい、
自分の発想を形にしたいけどどうしたら良いかわからない人、必読です!

著者紹介
アーロン・ズー(あーろん・ずー)
電通/クリエーティブ・ディレクター。南カリフォルニア大学卒業。在学時は米空軍ROTCに所属。専門は警察学や諜報など。大手IT企業や外資スタートアップの社外顧問を経て、早稲田大学大学院でMBAを取得。電通に入社後、事業開発やブランド・エクステンションに従事。グッドデザイン賞、厚生労働省医政局長賞など受賞。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

〈はじめに〉
アイデアが「ビジネスパーソン」と「サラリーマン」を分ける

第1章 ビジネスに活かせる、クリエイティブ思考
クリエイティブ思考とは何か?
「狂っているように見えるアイデア」と「勇気」でビジネスを動かせ!
なぜアイデアは「図」で考えるべきなのか?

第2章 アイデアを結果に変える、すごい図
[❶成長型]
 アイデアの全体図を把握する
[❷比較型]
 立ち位置を認識し、方向性を明確にする
[❸分解型]
 自分たちの強みを見つける
[❹解釈型]
 物事を深掘りする
[❺インアウト型]
 ビジネスや物事の流れをつかむ
[❻結合型]
 企業の強み、コンセプトを考える
[❼応用型]
 他のビジネスのコアを見極める
[❽転用型]
 自社の強みを他に転用する
「転用」で「サクセストラップ」を回避せよ
「破壊的イノベーション」を自ら仕掛けろ

第3章 アイデアは、どのように考えればいいのか?
ビジネスアイデアを生み出す実践方法
クリエイティブ・ブリーフでアイデアの方向性を見極めよう
アイデアはどのように考えればいいのか?
広告事例は大きなヒントになる
コンセプトを「成長」させるには
メンバーと一緒にアイデアを考える
メンバーに必要なエッセンスとは?
チームのアイデアを阻害する習慣をなくす
ブレストでアイデアを開花させる方法

第4章 アイデアという仮説をビジネスに変える
まず「仕組み」と「顧客」を徹底的に検証する
ターゲットの真意を把握できなければ、アイデアに意味はない
仮説検証を深めるために必要な能力
絶対に押さえておくべき2つの指標
一次消費者をつかまえろ!
「バズる事業開発」のPDCAを回せ!
アイデアよりも大切なことがある

第5章 アイデアで、自分のキャリアを切りひらけ!
アイデアを持つ者が、リーダーである
選択できる自由を自分の成長に活かす
組織パフォーマンスを上げるリーダーシップ
リーダーに必要な勇気とは?
チームが同じ方向に進む「伝える力」
アイデアの事業化に全てを集中させろ
企業文化という大きな壁と戦え!
アイデアの行方を左右する「ブラック・スワン」
アイデア・キャリアも「計画された偶然」でしかない

〈おわりに〉
過去に固執せず、未来をつくろう

参考文献

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う