社会・経済の本

世界を変える、半導体。

世界を変える、半導体。
カバー画像表示
著者:
間淵義宏
定価:
1628円(本体1480円+税10%)
発行日:
2022/2/21
ISBN:
9784295406525
ページ数:
228ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

人間の脳を凌駕すると言われるAI。
コンピューターの中に仮想空間を作るVR。
手術もこなすロボット。
エコで便利な電気自動車。
近い将来に宇宙への旅を身近にしてくれるロケット。
これらの先端技術すべてに共通する、必要不可欠なコアとなる技術。
それが「半導体」です。

日本では、かつての日の丸半導体の没落を経て、衰退産業とみなされることすらある半導体ですが、
逆境に置かれてなお、再びグローバルな競争の舞台で活躍できる可能性はまだまだ残されています。

いつか、鉄腕アトムを設計したい。

夢のある分野に、いざ乗り込んでいくとなった時。
それまで独立して働いていたエンジニアが一丸となってプロジェクトを成功させるために一丸となる世界。
そんな未来に、ワクワクしませんか?

著者紹介
間淵義宏(まぶち・よしひろ)
三栄ハイテックス株式会社 代表取締役社長。同社はLSI /半導体設計分野における国内有数の300人体制の独立系企業。アナログ・デジタル設計、および組み込みソフトウ ェア、IoTシステム開発、AI、モデルベース開発などを主力事業としながら、あらゆる企業のデジタル・イノベーション・パートナーとして国内産業界の発展に貢献。社員の9割以上がエンジニアというプロフェッショナル集団であり、成長著しいアジア諸国を中心にグローバルに展開し、お客様からのリクエストに高いレベルで応え続けている。1957年静岡県浜松市生まれ、岐阜大学大学院修了。1982年4月日本電気株式会社入社、1990年4月NECエレクトロニクス・ アメリカ出向、1998年4月同社半導体ソリューション技術本部部長、2004年4月株式会社システム・ファブリケーション・テクノロジーズ入社、2008年6月三栄ハイテックス株式会社入社、同年9月同社常務取締役を経て、2009年4月より現職。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

はじめに

第1章 半導体の役割と半導体業界の勃興
世界を未来に進める鍵は「半導体」にある
世の中に半導体が必要な理由
「0と1」で構成される、デジタル半導体の世界観
「スイッチ」「変換」「増幅」で構成される、アナログ半導体の世界観
半導体業界の市場と構造
半導体の誕生と日本の関係
日の丸半導体の躍進と日米半導体協定
なぜ日の丸半導体は衰退したのか
日本の半導体メーカーが再び輝く日はくるのか

第2章 独立系企業として世界と戦う三栄ハイテックス
独立系設計企業三栄ハイテックスの誕生
第一線の技術で開拓する。三栄ハイテックスの歩み
半導体の激戦地・中国への進出
「誰も設計を知らない。」東南アジアマーケットへの進出
誇りとプロフェッショナリズム。その想いと原動力

第3章 三栄ハイテックスのコア事業
「全方位 ALL OK」の成果
「経験と勘」が要求される緻密な世界。アナログ回路設計
「密・雅・流」から成るアートの世界。レイアウト設計
「具体と抽象」を行き来するダイナミックな世界。デジタル回路設計
組み込みソフトウェアの仕事とは?

第4章 最先端技術への挑戦
AI分野への挑戦―ディープラーニングとアノテーション―
ディープラーニングに必の技術、アノテーションとは何か?
今、何が起きているのか。群雄割拠のAI戦国時代
エッジコンピューティングに勝機あり
独立系設計企業だからこそ可能な成長戦略

第5章 社員一人ひとりの技術力と自由な発想が一番の財産
過酷な環境を勝ち抜くための条件
何よりも、好きかどうかですべてが決まる
6ヵ月で一人前の半導体エンジニアへ
人が育つ教育の秘密は、「脱OJT」にある
三栄ハイテックス流「V字型人材マネジメント」
組織はハイブリッドな係長が動かしていく
「日経新聞とBS・PLが読めるエンジニアになりなさい」

第6章 無限の可 性を生み出す半導体と三栄ハイテックスの目指す未来
人類を未来に導く「半導体」の可能性
アナログで世界に挑戦する
シリコンバレーのような空間を作る
三栄ハイテックスだからこそできる、「意味のある」社会貢献を
いつか、鉄腕アトムを設計する。三栄ハイテックスの抱く夢

おわりに

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う