社会・経済の本

お金の名著200冊を読破してわかった! 投資の正解

お金の名著200冊を読破してわかった! 投資の正解
カバー画像表示
著者:
タザキ
定価:
1848円(本体1680円+税10%)
発行日:
2022/7/1
ISBN:
9784295406990
ページ数:
352ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

マネー系名著200冊を読破したチャンネル登録者数10万人超えのYouTuberが執筆


名著のエッセンスを抽出しながら、投資の結論を導きます。
200冊を読んだ結果として著者がたどり着いたのは、
「コアサテライト投資」。さまざまな投資の手法がある中、
なぜコアサテライト投資なのか。その答えを名著の内容を解説しながら紐解きます。

基礎的なポートフォリオの考え方からレバレッジETFなど
近年話題の投資手法までがわかる、骨太な1冊です。

著者紹介
タザキ()
サラリーマン投資家YouTuber。投資本の要約を発信するYouTubeチャンネル「聞いてわかる投資本要約チャンネル」は月間50万PV。大学時代に投資のゼミに出合い、卒業後も余剰資金で投資を続ける。国立大学卒業後、IT企業に勤務。自らの努力だけで会社からの給料を上げることに限界を感じ、投資こそが日本で豊かになるための最短の方法だと考える。本好きが高じて自分の学びをYouTubeで発信したところ、想像以上の反響を呼び、3年間でチャンネル登録者が10万人を超える。現在も週4日勤務の正社員を続けながら、YouTubeやVoicyで投資初心者から中級者までをターゲットに投資情報を発信。
2人の子を持つ父。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

はじめに

第1章 何のために投資をするのか? 計画・準備の理
日本人が総投資家になるべき理由
あなたは投資でいくら稼げばいいのか?/「投資で稼ぐ国、日本」と投資しない日本人/投資はギャンブルではない
金融投資か、自己投資か
人的資本への投資/人的資本は株式型か、債券型か?/人的資本の代わりになる資産
一般人でも億万長者になれる
日本でミリオネアになるのは難しくない/お金持ちは、豪華な暮らしをしていない/お金持ちの8割以上は、自力で成功した勉強家
投資額を決めるときに考慮すべきこと
今日の「100万円」は、明日になったらいくらになる?/時間価値は無視できない/お金は人生を謳歌するための「手段」に過ぎない/人間が亡くなる間際に後悔すること
FIREを目指すなら
FIREを達成する方法/プチFIREを検討するステップ/税金を考えて運用資産を選ぶ
自分のBS、PLから投資目標を決定する
あなた自身のBSとPLを考える/マイホームは資産か?/住宅ローンの利用価値/PLをもとに投資金額を決める
第2章 敗者のゲームにならないために 実践・手法の理①
代表的な投資手法
投資と投機の違い/防衛的投資家と積極的投資家
下手な行動は休むに及ばず
投資は、ミスを減らすことで勝てるゲーム/資金移動で起こる3つのミス/パフォーマンスが最も良かったのは、何もしなかった人
何よりも重視すべきコスト
ゴットロックス家の寓話/3つの手数料を侮るなかれ/コストの低いインデックス投資
株式を長期で保有する我慢料
長期運用の4つのメリット/本質的価値の向上と複利の効果/長期投資でリスクは減るのか?/「買い」の一瞬を捉えるのは至難の業
高配当と優待の落とし穴
投資フェーズによって収益の源を変える/インカムゲインの注意点/株主優待の有無で選んではいけない
市場平均に勝つのは無理なのか?
インデックスファンドは今後も良い投資先であり続けるか?/市場の歪みがチャンスを生む/「退屈な投資」に耐えられない人々
ドルコスト平均法の弱点
市場は読めないからこそ、積み立て投資/定量購入と定額購入はどちらが良いか?/一括投資をすべきケース

第3章 投資手法の最新研究 実践・手法の理②
過去から未来を読み解けるか?
市場を出し抜くことはできない?/心理戦を戦うテクニカルアナリストたち/強いものを買い、弱いものを売る/相場のサイクルから大きな波を読む/長期の変動は供給面から読む
株式の本質的な価値を評価する方法
企業の価値をどのように評価するのか?/企業の価値を評価する3つのアプローチ/適正価格に収束するのはいつか?/割安価格から適正価格へ/株価を上げるきっかけになるもの
レバレッジETF投資の可能性と誤解
レバレッジETFを推奨する人の言い分/レバレッジETFの3つの弱点/長期レバレッジ投資で暴落したときは運任せに
自分に合ったアセットアロケーション構築
目指すのは最大化か、最適化か?/投資をサイエンスとして捉える理論/現代ポートフォリオ理論が抱える問題/名著が推奨する資産配分は?/世界の機関投資家が組むポートフォリオ/ポートフォリオに債券を組み込むべきか?
無視できないブラック・スワン
予測不能なことが頻発する時代/正規分布の代わりに信じるべきもの/大暴落に備える最もシンプルな方法
リバランスをすべきか否か
持ち続けるか、リバランスするか?/リバランスの具体的な方法と時期/「1年に1回」が最もポピュラー/レンジリバランスなら乖離許容率を設定する
調整力に優れたコア・サテライト投資
インデックス運用にオリジナリティを加える/コア・サテライト投資は調整しやすい/若ければ若いほど、勉強代は安く済む/勉強するほどに挑戦したくなるもの

第4章 欲望をコントロールする 人間心理の理
直感が不合理を生み出す
心理による歪みを分析する行動ファイナンス/人間は、喜びよりも損失を大きく評価する/損失回避と参照点/
目の前の損失にどう向き合うか
なぜ、負け犬にこだわって傷口を広めてしまうのか
損切りに失敗するのは、自信過剰だから?/「後悔したくない」という心理/損切りルールのつくりかた
「ストーリー」が判断を誤らせる
後から理由付けをしても再現性はない/ストーリーによって信憑性が高いと感じてしまう
バブルの発生と崩壊の心理
世界中でこれまでに発生したバブル/バブルを繰り返す人々の心理/バブル局面での正しい対応
ルールとシステムで自制する
「心の会計」を資金管理に活かす/選択肢における初期値の重要性/自分をルールに服従させる

第5章 米国株は本当に儲かるのか? 銘柄選択の理
投資信託とETFをどう使い分けるのか?
上場投資信託と非上場投資信託/利便性が高いのは投資信託/日本人のメンタルに合う積み立て投資
世界分散すべきか、米国集中か?
日本人の資産は、円建て資産に偏りがち/直近10年はアメリカ株の時代だった?/米国株の世界シェアに関する予測/バンガード社も世界分散を推奨している
非課税枠制度を優先的に使う
非課税制度は必ず利用すべき/3種類のNISAでコストを抑える/ iDeCoには節税効果もある
コア投資の銘柄選択
世界分散をインデックスで実現するか、手づくりするか?/米国株式インデックスや日本を除く全世界インデックスも人気/
バランス型ファンドの注意点/インカムを重視する場合のコア銘柄
サテライトで個別株を購入する前に
サテライト銘柄に何を選ぶか?/バランスシートで安全性の高い企業を抽出する/損益計算書とキャッシュフロー計算書/投資方針によって見るべき指標は違う/企業の未来を予想するには?

おわりに

投資家YouTuberがおすすめする200冊! お金の名著リスト

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う