マネジメントの本

だから僕たちは、組織を変えていける ワークブック

だから僕たちは、組織を変えていける ワークブック
カバー画像表示
著者:
斉藤徹
定価:
1848円(本体1680円+税10%)
発行日:
2022/12/21
ISBN:
9784295407768
ページ数:
224ページ
サイズ:
188×148(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

10万部突破のベストセラー『だから僕たちは、組織を変えていける』そのメソッドを余すとこなく凝縮し、より実践できるワークブックが登場!

書き込むだけで、「わたし」が変わり、
あなたのチームに「心理的安全性」と「やる気」が生まれる!

「上司は数字の話ばかりで、顧客を見ていない……」
「会議では対立するばかりで、ギスギスしてなにも決まらない……」
「やらされ仕事ばかりで、楽しくない……」

インターネット、リーマンショック、コロナウイルスなど、
社会状況や人々の価値観は大きく変わったにもかかわらず、
いまだに大量生産時代の管理主義を続ける組織は少なくありません。
2021年11月に発売された書籍『だから僕たちは、組織を変えていける』は、
そんな「古い組織」を、現場から変えていくための本です。
ポイントは、「関係性」から変えていくこと。

対話によって関係性を深め、仕事の意味を伝えて思考を変え、自発的な行動を促す。
それによって生まれた成功事例を広めていくことで、やがて組織全体が変わっていきます。

発売直後から講演依頼が殺到し、その数は1年で150件を超えました。
「読んで終わりではなく、自ら実践し、社内にも広げたい」
その熱量を感じたことで、より実践しやすいワークブックを作成しました。
『だから僕たちは、組織を変えていける』のメソッドを完全凝縮し、
「自分ごと」として落とし込むための28のワークを収録しています。

著者紹介
斉藤徹(さいとう・とおる)
起業家、教育者、研究者。ビジネス・ブレークスルー大学教授。株式会社hint代表。株式会社ループス・コミュニケーションズ代表。1985年、日本IBM入社。1991年に独立しフレックスファームを創業。2005年にループス・コミュニケーションズを創業。ソーシャルシフト提唱者として、知識社会における組織改革を企業に提言する。2016年に学習院大学経済学部経営学科の特別客員教授に就任。起業家、経営者、教育者、研究者という多様な経歴を活かして、2020年からはビジネス・ブレークスルー大学教授として教鞭を執る。2018年には社会人向けオンラインスクール「hintゼミ」を開講。卒業生は1000名を超え、大手企業社員から経営者、個人にいたるまで、多様な受講者が在籍し、3ヶ月ごとに約100名の仲間が増えている。企業向けの講演実績は数百社におよび、組織論、起業論に関する著書も多い。10万部を超えた『だから僕たちは、組織を変えていける』(クロスメディア・パブリッシング)をはじめ、『業界破壊企業』(光文社)、『再起動(リブート)』(ダイヤモンド社)、『BEソーシャル!』『ソーシャルシフト』(ともに日本経済新聞出版社) など。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

プロローグ
人生最後の日、わたしは何を思うだろう
今、この瞬間を大切に
人生のハンドルを握ろう

「自分」を変える
1章 仕事の意味を考えよう
「仕事の意味」を発見しよう 〜3つの仕事観〜 
「強み」を掲げて生きよう 〜わたしの強み〜
「与える」ことを楽しもう 〜主体的なギバー〜
「半径5メートル」からはじめよう 〜影響の輪〜

「対話」を変える
2章 身近な人とわかりあおう
「話しあう」ということを知ろう 〜議論と対話〜
「わたしの思い」を言葉にしよう 〜伝える〜 
「心の声」に耳を傾けよう 〜聴く〜
心をひらく「問いかけ」をしよう 〜 問う〜
「ふたりの問題」を解決しよう 〜 解決する〜

「チーム」を変える 〜関係性〜
3章 なんでも話せる場をつくろう
「関係性」からはじめよう 〜成功循環モデル〜
「仮面」をはずせる場をつくろう 〜心理的安全性〜
「信頼」し、「信頼」されよう 〜相互の信頼〜
視線を「ウチからソト」へ向けよう 〜価値の創造〜
「ゆっくり」と話しあおう 〜推論のはしご〜
おだやかな「太陽」になろう 〜帰属シグナル〜

「チーム」を変える 〜思考〜
4章 チームをひとつにまとめよう
「働きがい」を手づくりしよう 〜意味の共有〜
わたしたちの「仕事の意味」を見つけよう 〜ミッション〜
わたしたちの「未来像」を描こう 〜ビジョン〜
わたしたちの「らしさ」に気づこう 〜バリュー〜

「チーム」を変える 〜行動〜
5章 ハートに火をつけよう
複雑なことを「シンプル」にしよう 〜仕事の断捨離〜
自ら考え、行動しよう 〜自律性〜
「自己成長」を味わおう 〜有能感〜
「支えあう」文化をつくろう 〜関係性〜

「組織」を変える
6章 半径5メートルから変えていこう
わたしから、はじめよう 〜インサイド・アウト〜
「愛ある批評家」の声を聴こう 〜自己の認識〜
「反対者」とも、つながる努力をしよう 〜信頼のトライアングル〜
困難を「学びの機会」に変えよう 〜クリエイティブ・テンション〜
大河の流れも、一滴のしずくから 〜共感の輪〜

エピローグ
わたしは、わたしであればいい
いつも心に、希望の光を
ワクワクする未来へ

巻末付録
これから組織を変えていく「スモールイノベーター」のあなたに
付録①「だかぼく」公式サイトのご案内
付録② あなたのチャレンジStory
付録③ あなたの気づきMemo

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う