仕事術・ビジネススキルの本

1社15分で本質をつかむ プロの企業分析

1社15分で本質をつかむ プロの企業分析
カバー画像表示
著者:
栫井駿介
定価:
1848円(本体1680円+税10%)
発行日:
2023年3月1日
ISBN:
9784295408024
ページ数:
240ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

企業分析もせずに、投資やっているのはヤバくないですか?


企業分析は、投資に就活に営業に役立ちます。一般的には投資に利用されますが、
果たして何人の方々が「企業分析」をきちんと行っているでしょうか?
誰かがおススメしたものを買ったり、ちょっとニュースで話題になっていた……
その程度で投資判断をされていたら、当然結果はついてきません。

本書では「プロの企業分析」として、
投資顧問業を営む著者のノウハウの核となる部分を、
読者の皆様に分かりやすくお伝えしていきます。
また、投資初心者向けの内容になっていますので、
「株を買う前に」本書を読み、
企業分析を行ってから投資を実践していただければ幸いです。

著者紹介
栫井駿介(かこい・しゅんすけ)
つばめ投資顧問代表 投資系YouTuber。1986年鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業、豪BOND大学MBA修了。大手証券会社に勤務した後、2016年、つばめ投資顧問設立。現在は500名超の個人投資家を相手に、堅実かつ実践的な長期投資のアドバイスを行っている。YouTuberとしても活動し、登録者は9.5万人。ひとりでも多くの人に長期投資のよさを広め、実践してもらうことを夢見て発信を続けている。著書に『年率10%を達成する! プロの「株」勉強法』(クロスメディア・パブリッシング)、共著として『株式VS不動産 投資するならどっち?』(筑摩書房)がある。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

プロローグ 企業分析は「推し活」である

第1章 企業分析の目的
企業分析と人間観察
企業の未来を見通す「性格」
「就職人気ランキング」を気にするな
企業と資本主義社会
企業分析の目的と使い方
企業分析に資格は必要?

第2章 プロの企業分析とは
企業分析は「未来」を見通すためにある
MBAで学んだこと
3C(Company, Customer, Competitor)で客観的視点を養う
SWOT分析で整理する
タテから見る、ヨコから見る
最高のアナリストはあなた自身
経営者になったつもりで「ストーリー」を見つける

第3章 プロの企業分析の実際
秘伝のメモ
有価証券報告書で6割は埋まる
有価証券報告書で「3C」を埋める
競合や業界を知る:業界地図
一目で確認したい時:銘柄スカウター(マネックス証券)
「今」何が起きているかを知る:株探
より深く知る:決算説明会動画/転職サイト
最もリアリティがある:生の声や直接の情報
真実はいつも、ひとつ

第4章 簡単! 財務諸表分析
財務分析は「だるま落とし」
損益計算書
貸借対照表
キャッシュフロー計算書
財務諸表とストーリー
投資で最も重要な「ROE」の本当の意味
NECの財務分析

第5章 企業分析で最も大切な「ストーリー」
過去のストーリーと未来のストーリー
ストーリー構築の流れ
「1社15分」で分析する方法

第6章 企業分析家の視点をもつ
「よい企業」は、一人ひとりの中にある
長く付き合ってこその「推し」
よい企業はあなたの近くに眠っている
「推し企業」に上手に投資する方法
「企業分析家」という生き方

エピローグ 企業分析家になろう

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う