社会・経済の本

カフェが街をつくる。そして、社会をつくる。

カフェが街をつくる。そして、社会をつくる。
カバー画像表示
著者:
入川ひでと
定価:
1738円(1580円+税10%)
発行日:
2024年2月11日
ISBN:
9784295409342
ページ数:
184ページ
サイズ:
188×130(mm)
発行:
クロスメディア・パブリッシング
発売:
インプレス
立ち読みする

著者はいま、廃れた街を甦らせ、
消えてしまったコミュニティを取り戻す機能を持つカフェづくりをしています。

本書はスケールの大きくなったカフェづくりや
街づくりの裏話も楽しめる内容になっています。
ビジネス書にとどまるのではなく、多様でそれぞれのライフスタイルや
生き方を見つけるためのヒントが詰まっています。

カフェは街を、そして社会を再生するのです。

著者紹介
入川ひでと(いりかわ・ひでと)
入川スタイル&ホールディングス 代表取締役社長兼CEO。東急沿線成長戦略、京王電鉄多摩センターエリアブランディング、UNIQLO原宿UT店舗プロデュース、六本木ヒルズTSUTAYA ROPPONGI店舗プロデュース。事業創造においては、(株)カフェカンパニー、(株)ダブリュースカンパニーなど「カフェが街をつくる」をコンセプトに日本全国の地域コミュニティを再生する事業を展開。神奈川県/大磯町、奈良県/東吉野、島根県/浜田市、兵庫県/神戸市などでのコミュニティ再生をカフェなどの開発を通して実践している。青山学院大学、東京経済大学、東京都立大学、などで長期講座を持つ 。テーマは「カフェを通した地域コミュニティの再生」。ソーシャルワークとして「東北震災復興リーダー支援プロジェクト」、「東北起業家 育成・事業構想支援プログラム」などのメンターを長期に渡り実装。

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う

もくじ

はじめに

第1章 人を読む、街を読む
カフェづくりは街づくり
 ⚫ まずは徹底した観察
 ⚫ 地域に合うようにカスタマイズ
 ⚫ スタイル分析
僕たちの集客・接客
 ⚫ 僕たちのアピール方法
 ⚫ 同じ目線になる
コミュニティ・ハブとローカル・サポート
 ⚫ コミュニティの拠点になる
 ⚫ 街と繋がるローカル・サポート
 ⚫ 生活を豊かにするカフェ

第2章 カフェをビジネスにする
カフェのバランスシート
カフェを使ったリアルマーケティング
カフェのデザインで重視すべきこと
 ⚫ 機能とデザインのバランスが重要
カフェビジネスを志す人へ伝えたいこと
 ⚫ 何をしたくてカフェを開くのかを考える
スタッフのマネジメント

第3章 その場所の新しい価値を見出す
カフェづくりの原点
 ⚫ はじめてのニューヨーク
 ⚫ ラウス・カンパニーのソリューション
 ⚫ ニューヨークの7Aカフェ
 ⚫ ニューヨーク もうひとつの体験
開発の限界と新しい視点
 ⚫ デザイン住宅と街のコミュニティ
 ⚫ 地域の歴史と文化を大切にする
10坪15席のカフェが成功した秘密
 ⚫ WIRED CAFE……コンセプトはサブカルチャー
 ⚫ その土地の記憶を残す
 ⚫ キャットストリートでの10年
カフェを介して地域と繋がる
 ⚫ SUS……高架下好きだからこそできたこと
 ⚫ 出来上がった3つの店
 ⚫ カフェから広がる可能性

第4章 話題のカフェはこうつくられた
コンセプトは「永続的な街のコミュニティ基盤」 
 ⚫ Royal Garden Cafe……ロイヤルグループのフラグシップ
日本一見識の高い住民のコミュニティの場
 ⚫ ARK HiLLS CAFE……国際的な文化交流が生まれる
銀座から5分の大規模カフェ
 ⚫ CAFE ;HAUS……原っぱに現れた巨大なカフェ
 ⚫ 豊洲の持つ可能性
 ⚫ 見えない声を聞く
 ⚫ 企業と究極のコラボレーション

第5章カフェが街をつくる
アイディアは遊びの中に
 ⚫ 遊ぶことで時代のトレンドをつかむ
 ⚫ 歴史や文化も学べ
 ⚫ 多様性からコミュニティの再生へ
街のコミュニケーションを復元する
 ⚫ 街づくりに欠かせないもの
 ⚫ カフェのビジネスであり、街づくりでもある
地域活性化、文化の創造、発信の場
 ⚫ カフェ以外でのチャレンジ
 ⚫ リゾートをプロデュース
 ⚫ 街おこしとカフェ
 ⚫ コミュニティ能力は日本人のよさではないか
 ⚫ カフェは文化である
第6章 カフェが社会をつくる
コミュニティ型カフェをつくるには?
 ⚫ 従来のカフェとコミュニティ型カフェの違い
 ⚫ 地域性を知る
 ⚫ 空間づくりのポイント
 ⚫ 働く人の役割
 ⚫ 3つの良き循環が地域を支える
ケーススタディ
 ⚫ The WAREHOUSEとRIVER CAFÉ AND DINING
 ⚫ TREX CHIGASAKI OCEAN VILLAGE
 ⚫ 茶屋町カフェ

終章 カフェが社会を再生する
カフェの可能性と未来に向けて
 ⚫ 地方から全国を盛り上げていく
 ⚫ 消失したコミュニティを再生し、未来に繋げる
新しい価値を生み出す
 ⚫ いつも人々が集まる中心にあるもの

おわりに

  • 立ち読みする
  • 紙の本を買う