あなたがうらやましいと思う人は誰でしょうか? 挙げてみてください。
うらやましい定義はなんでも結構です。仕事、プライベート、人として、何でも結構です。うらやましいと思う人を挙げてみてください。数多く、いろいろなタイプの人を挙げてみてください。
 
またうらやましいと思うポイントはどこなのか挙げてみてください。
うらやましいと思うからには、ポイントがあるはずです。そのポイントを挙げてみてください。
恐らく挙げてみると自分にないものを挙げられると思います。うらやましがるということは、自分にないものがある人だということが分かると思います。
逆に、その相手があなたを見てうらやましいと思うことは何かを考えてみてください。
逆にそのうらやましいと思った人からみて、あなたを見たときにうらやましいと思われることはないでしょうか?そんなのない!と思われるかもしれませんが、自分にないものがうらやましいと思うポイントです。では同じように相手から見たときあなたにしかないポイントを挙げると、相手がうらやましいと思うポイントになるはずです。
そう考えると、うらやましいというのは自分にはないもので、重要度の高いものだということが分かります。自分の重要度が高くないものはうらやましいとは思いません。
今あなたがうらやましいと思うのは、自分になく重要度が高いからです。逆を言えば、あなたがうらやましいと思う相手も同じくあなたに対して重要度が高いものを持っていなければ、あなたをうらやましいと思うはずです。
うらやましいというのは所詮その程度のものなのです。
そういうことがこの課題で気付いていただければと思います。