将来自分のお店を持ちカフェをやりたいという人が、現在は個人宅への飛び込み営業をしています。どう意識を変えれば、将来につながるでしょうか?
将来お店を持ちたい、カフェをやりたい。そういう人はどういう力が必要でしょうか?そこから考え、今の個人宅の飛び込み営業で意識して学べば良いのです。
自分のお店を持ったとき、カフェをやったとき、お客さんとの会話が必要になります。雑弾力であったり、お客さんの状態を把握し、そこをつくことでリピートになってもらわないといけません。このような話す力を個人宅の営業で身につけるように意識すれば良いのです。
それ以外には新しいお客さんにも積極的に話すことが必要です。同様に、個人宅の営業をするときも知らない人に対しても物怖じすることなく話しかける力が必要です。
自分が将来やりたいことに対して必要なスキルや強みを考え、それを今の仕事で学べないかを考える。そうすると今の仕事が向いていないとか、辛いなど言わなくなっていきます。
あなたのやりたいことを外でやるとしたら、まず何から取り組みますか?
自分が将来やりたいこと、今やりたいことは何でしょうか?
私はサラリーマン時代、学生向けの就職支援をしたいと思っていました。会社ではそういったことが出来なかったので、外でやらざるを得ませんでした。外でやるために、積極的に機会を作りにいき、ボランティアで学生向けの講演活動をしました。
このことからも、会社で出来ないからといって嘆く必要はありません。会社の外であってもできるのです。そのためには自分はまず何から取り組めばよいかを考える必要があります。
あなたは保険会社に勤めるサラリーマンです。今はサラリーマンですが、お笑い芸人になろうと思っています。どういう鍛え方をしてお笑い芸人への夢に近づきますか?
これはこれまで学んできたことの確認です。
お笑い芸人になるためには、確かにいきなりその道を進んだほうが良いかもしれません。しかしながら、そこで成功していくためにはこれまでの強みをうまく発揮されないと、リスクを伴います。そのためにまずはサラリーマン勤めをする中で、日々鍛えることが必要になります。そこで鍛えることで、夢に近づけていく。そうすることでリスクを軽減できます。
ではどうすれば良いのでしょうか?
お笑い芸人に必要な力。相手の笑いのつぼを見つけ、それをうまく伝える力が必要です。また、今の人たちがどんなことに興味関心を持ち、笑いの種としているかを知る必要があります。保険会社で勤めているのであれば、いろいろなお客さんと触れ合うことができます。そのお客さんを観察して、笑いの種を発見したり、直接お客さんに聞いても良いと思います。そうすることでお笑い芸人への道の力を養っていくことができるともいえると思います。